#株式投資ノート

相場に関すること全般

サハリン2 2022/08/05時点

日本政府は、三井と三菱に、サハリン 2 プロジェクトへの参加を維持するよう要請します。萩生田大臣が明らかにした。このニュースは単純で古くからの真実を裏付けるものです。東京は、比較的安価な原材料の安定供給を国に提供する代替手段のないプロジェクトを、いかなる場合でも手放すつもりはありません。 萩生田浩一氏によると、彼はすでに対応する要求で三井の社長に個人的に対応しており、近い将来、この問題について三菱の経営陣と話し合う予定です。実際、当局者は、純粋にロシアの法人となり、現在のサハリンエナジーの代わりにサハリン-2の新しい運営者となるサハリンエナジーの創設に関する8月3日のロシア政府の決定に対して公式の回答をした。で、三井物産三菱商事がそれぞれ 12.5% と 10% の株式を所有しています (ガスプロムが支配権を持っています)。 1か月以内に、外国人株主は、古い会社の株式に比例して新しいLLCの株式を受け入れることに同意する必要がありました. プロジェクトへの別の外国参加者である英国のシェル (27.5%) は、2 月末にサハリン 2 からの撤退を発表しました。 サハリン-2 プロジェクトの一環として、サハリン大陸棚の北東に 2 つの油田とガス田が開発されています - ピルトン - アストフスコエ (石油) とルンスコエ (ガス)。インフラストラクチャには、3 つの海洋掘削プラットフォーム、陸上処理施設、石油輸出ターミナル、年間 960 万トンの設計能力を持つ天然ガス液化プラントが含まれます。東京都は、このプロジェクトの重要性を繰り返し表明しており、液化された「青い燃料」の総流入量のほぼ 10% を国にもたらしています。サハリン 2 からの LNG 供給の長期契約は、2033 年まで多くの日本のエネルギー会社と締結されています。 つまり、広島ガスとの契約は2008年から2028年まで、東京ガスとの契約は2009年から2031年まで、東邦ガスとの契約は2009年から2033年まで有効です。 「日本人には特徴が 1 つあります。彼らはプロジェクトを長い間見て、見通しを研究します。しかし、すでに入ってしまった場合、出ることは非常に困難です。西側はこれを主張していますが」と、ロシア連邦政府の金融大学の専門家であるイゴール・ユシコフは言います。 - ロシアの島から日本の領土への LNG の輸送には 1 日しかかからないため、東京にはサハリン 2 に代わるものはありません。契約はプロジェクトの立ち上げ時に署名されたものであり、優先的な性質のものであり、日本への総 LNG 輸入を背景に、日本の価格は最低の部類に入る。」東京がサハリン 2 と別れた場合、短期契約に基づいてスポット市場で他のサプライヤーから LNG を購入する必要があります。 ユシコフ氏によると、そこでは価格がはるかに高く、配送の安定性と効率性に関連するリスクもあります。 「日本企業にとって、このプロジェクトへの投資はずっと前に報われました。彼らはそのような非常に収益性の高い資産を失う準備ができていません」と、国家エネルギー安全保障基金の副理事であるアレクセイ・グリヴァッハは述べています。 「ロシアのガスをスポット供給で置き換えることは物理的に不可能であるため、契約が終了すると、国のエネルギー安全保障が損なわれます。」 エネルギー開発センターのキリル・メルニコフ所長の意見では、アジア諸国は、「友好的でない」国の中でも、西側集団よりも反ロシア制裁へのアプローチにおいて一般的に合理的です。彼らにとって、主なことは彼ら自身の損失を最小限に抑えることです。日本にとって、サハリン-2との決別が中国の地位を強化することは明らかであり、中国はサハリンガスの株主および買い手となるチャンスを逃さないだろう。 東京はユジノ・キリンスコエ油田の運命を目の前にしています。そこからのガスはもともとサハリン2の拡張を目的としていましたが、2015年に米国の制裁下に置かれた後、ガスプロムはガスパイプラインを通じて原材料を送ることを決定しました中国。同様に、BitRiver の金融アナリストである Vladislav Antonov 氏は、ヨーロッパのエネルギー危機により、アジアの夏の LNG 価格が近年ほぼ 10 倍に上昇したことを思い出しています。三井と三菱がプロジェクトへの参加を拒否した場合、サハリンのガスはアジア大陸、主に中国にリダイレクトされます。 「日本はプラグマティズムで知られており、経済的利益は伝統的に政治的配慮よりも優先されます」と TeleTrade のチーフ アナリストである Mark Goykhman は述べています。 — サハリン 2 プロジェクトは、アジアのスポット市場の半分の価格で、日出ずる国に LNG 供給を提供します。さらに、これらは投資自体、雇用、日本の機器メーカーの注文からの収入です。純粋に経済的な観点からは、たとえロシア企業であっても、プロジェクトの運営者が誰であるかはまったく問題ではありません。三井と三菱にとって、サハリン2を手放しても意味がありません。さらに、政府自体が直接、これを行わないように求めています。」 一方、モスクワの「非友好国」との地政学的対立のもう一方の極に位置し、ドイツの企業の多くがロシアのパートナーとの取引を拒否したドイツでは、わが国との貿易量が着実に増加していると報告されています。欧州連合による石炭、金、鉄鋼、ウォッカの禁輸措置にもかかわらず、ガス価格の高騰により、二国間貿易は勢いを増しています。 Die Welt によると、ベルリンは 6 月にロシアの「青い燃料」に 35 億ユーロを支払いました。これは 5 月より 5% 多く、2021 年 6 月と比較して、この種の原材料の販売による利益は 39% 増加しました。