#株式投資ノート

相場に関すること全般

テスラはなぜ誤解されているのか - イーロン・マスク

イーロン・マスクはごく最近、「All In」サミットでインタビューを受け、テスラについて、テスラは多くのスタートアップが1つになったようなもので、それがテスラの優位性になっていると話しました。

ほとんどの自動車会社は、実際にはあまり仕事をしません。部品やその他のもののほとんどをサプライヤーから調達しています。テスラはこれを行いません。イーロンは「テスラは販売もサービスも自分たちでやっている」と言っています。他の自動車メーカーは、販売をディーラーに委託しています。テスラにはディーラーがありません。また、テスラは、ガソリンスタンドに相当するスーパーチャージャーのネットワークを圧倒的に多く持っています。スーパーチャージャーは、家庭で充電ができない場合に、最も先進的で効率的な充電方法です。垂直統合により、テスラはバッテリーパック、パワーエレクトロニクス、ドライブユニット、その他多くの自動車を社内で製造しています。テスラがこれを行う理由は、開発のペースを速めることができ、サプライチェーンを扱うよりもはるかに速く、つまりサプライチェーンのコストや技術、それに伴うあらゆる問題を引き継ぐことができるからです。垂直統合がテスラの重要な利点の1つであることは、私も同意見です。フォードやGMなどのレガシーOEMは、テスラのような垂直統合をなかなか実現できていません。テスラは、より良い製品を、より安いコストで生産することができる。

テスラのソフトウェアの優位性 テスラで動くソフトウェアは、メイン画面や充電など、車内のあらゆる面を動かしています。自動車に世界最高水準のソフトウェアを搭載するのは難しいことです。テスラは、長年かけて、シリコンバレーにあるどの技術会社にも負けない、世界トップクラスのソフトウェアチームを作ってきました。レガシーOEMは、開発の多くをアウトソーシングしているため、ソフトウェアに大きな課題を抱えています。それに加えて、テスラは世界トップクラスのソフトウェアチームを持つことで、最高の人材を集めているのです。彼らは世界最高の自律ソフトウェアチームを持っています。テスラは、ゼロからオートパイロットAIチームを構築しており、それは地球上で最高の実世界AIチームである。現時点でのFSDベータ版は、サンノゼからマリンまでのベイエリアで、複雑な交通の中を0介入で行けることが非常に多い。イーロンは、ベータ版への参加や、より優れたソフトウェアチームによるテスラへの挑戦を、誰にでも呼びかけています。

テスラは、2022年末までに100万人のFSDベータユーザーを獲得する予定です。また、テスラはチップチームを立ち上げ、テスラのFSDソフトウェアを動かす世界最高のコンピュータチップを作ることを目標としています。この車載コンピュータには電力効率がある。GPUは一般に多くのエネルギーを消費するため、テスラはチップとハードウェアを自作して車に搭載し、より少ないエネルギーで動作するようにしたのです。テスラは、FSDベータ版からの数十億マイルの映像をすべて処理するために、道場のスーパーコンピュータを設計しています。これだけのデータがあれば、有利になります。完全な自動運転ソリューションを実現するためには、数百億マイルの走行データと膨大なトレーニングシステム、そして最先端のAIとソフトウェアが必要です。