#株式投資ノート

相場に関すること全般

TSLA FY21Q4 4680について Andrew Baglino

2021年を通して、私たちは、可能な限り速く成長しようとする私たちに柔軟性と保険を提供するために、社内の4680の取り組みと並行して、セル供給を拡大することに焦点を当てた。現在、4680セルが2022年の数量計画に対する制約にはなっていない。しかし、量産化は有意義に進んでいる。最初の4680が今四半期中(2022Q1)に納車されると考えている。セル、パック、そして車両に焦点を当てることで、歩留まりの品質とコストを高め、今年から来年にかけての増産に備える。また、オースティンの4680とパックツールの設置は順調に進んでおり、テキサスの素晴らしい工場にすべてを集約できたことは、私たちにとって本当にエキサイティングな成果だ。