#株式投資ノート

相場に関すること全般

NDX 1/24-25

1/24のNDX(Nasdaq100)の6%の反転は、セリングクライマックスだったのかもしれません。先週末の1/22には、約9000銘柄のうち78.5%が下落、17.7%が上昇でしたが,月曜,騰落率を半分に分けました。特に中小型(ADBEやADSKなど大きめのところも含みます)に上昇が多かった印象です。

1/25は続落でしたが、下値を試すものです。IBM, VZ, MSFTの決算は軒並み良く,今後の懸念は足元悪そうなAAPLとAMZN,個人投資家に期待されすぎのTSLAです。足元売られている半導体は1年揉んでる水準感で水平線という強いテクニカルのポイントです。ちなみにNFLXやSHOPはそもそも論外で誰も相手にしてません(GAFAMになれず脱落した銘柄なんて腐るほどあります)。

NDXは13,725-14,000付近で跳ね返され、14,500台に戻ったので、2021年4月の高値付近がサポートになっています。NASDAQの新安値は1,755(全体の約30%)と、相場が大底を打った可能性を示唆するレベルです。このレベルの新安値は、2016年2月11日のベア相場底打ち直前の2016年1月の動きを彷彿とさせます。