#株式投資ノート

相場に関すること全般

インドアゴルフ練習場ビジネスアイデア(ブラッシュアップ)

ゴルフを取り巻く環境

現在、日本には約800万人のゴルファーがいます。また、東京都では100人あたり10人のゴルファーがいます(社会生活基本調査(2016年))。現在の東京都の人口は推定1400万人なので、そのうち約140万人が東京のゴルファーと推定できます(ただし、何人が本当に活動しているかは定義によるので断定できない)。

ゴルフ練習場の市場規模は年間1250億円と推定され、過去10年間ほぼ横ばいで推移しています(ゴルフ産業白書)。ほとんどが昔ながらの屋外ゴルフ練習場か簡易な屋内ゴルフ練習場であるため,新規参入者が,レガシーな設備で営業する既存事業者に勝ちやすい構造になっています。東京都内には約200のゴルフ練習場・スタジオがありますが、そのほとんどが屋外のゴルフ練習場で、屋内のゴルフ練習場は1割程度に過ぎません。屋内練習場は1割程度で、民間の練習場はもっと少ないです。

ゴルフ市場は、コロナ禍の影響をあまり受けなかった数少ない産業の一つです。特に、2020年のゴルフ練習場の売上高は前年比116%(経済産業省特定サービス産業動態統計調査)であり、コロナ禍によって若年ゴルファーが60万人ほど急増しています(矢野経済研究所)。市場は活況を呈しています。若者を中心とした新規ゴルファーが増える一方で、それまで主要顧客だった60代、70代のゴルファーは、コロナで重症化するリスクが高いと判断して外出を控え、客層の若返りが顕著になっています。アフターコロナのゴルフ業界は、若い初・中級者とシニアゴルファーの復活が重なり、活況を呈すると推測しています。また、若年化に伴い、単身女性の参加も期待されます。

 

インドアゴルフ事業の特徴

最近のゴルフ市場の傾向として、「練習の質を上げたい」「仲間と練習を楽しみたい」「子供が安心して楽しめるコースにしたい」「地域のコミュニティ拠点にしたい」など、ゴルフ場への来場動機の多様化が進んでいる中,私は,インドアゴルフ練習場のビジネスに注目しています。これまでの郊外の大型のゴルフ練習場のデメリットは、自宅の近くにない、遊び回れる機会がないか少ない、予約が取りにくい、クラブやグローブ、ボールの数に応じて料金を支払わなければならず高い、夏は暑く冬は寒い、天候が悪いと練習できない、などが挙げられます。住宅街やターミナル駅の近くに屋内型店舗がある方が有利です。もちろん、練習には屋外がよい場合があるかもしれませんが、時間的にも効率面でも,月に1回程度が多くの人にとっての限界です。

 

ターゲティング

インドアゴルフ新事業の具体的なターゲットユーザーは、人口の多い地域で便利な環境で継続的にゴルフを練習したい方、感染症のリスクを下げたい方などです。こうした方々は普段から忙しく、平日の夕方や朝に練習できる近場のゴルフ練習場を求めています。空いた時間にできるようにするため、手ぶらでOKであることが店舗の条件となります。手取り足取り教えてもらう必要のない中級者がコアターゲットになります。インドアゴルフ練習場は,屋外型と異なり女性にも優しい快適な空間を提供できるのと,広告を工夫することで,顧客の約半分を女性にするようなビジネス設計にします。

 

訴求ポイント

家から近く,また,暑さや寒さを避けられるというのが,インドアゴルフの最大の訴求ポイントです。

また,これからの時代に必要なのは、人とのつながりです。ひとつは、パーソナルトレーニングのアプローチによるコーチとのつながりです。なお,希望に応じて,男性プレーヤーに女性コーチ、女性プレーヤーに男性コーチも配置できるようにします。もうひとつはグループ形式でのラウンドレッスンによる会員同士のつながりです。一緒にラウンドする仲間がいる、コーチと人間的なつながりがある、共通の趣味を持つ仲間がいる、という点を重視します。これが,他社にあまりない点です。

なお,ラウンドレッスンでは、普段は遠隔で教えているコーチと交流することができます。朝、コーチに車で迎えに来てもらい、午前中にポイント練習をして、ハーフラウンドをして、昼からビールを飲んで交流して、午後はパートナーサウナに連れて行ってもらい,家まで送ってもらえたら、とても充実した休日になると思いませんか?

また,ゴルファー向けの独自のパーソナル体幹レーニングサービスを開発します。これにより,上級者の痒いところに手が届くようなサービスを提供できる点も訴求ポイントになります。

 

レーニングの考え方

パーソナルトレーニングは、トレーニングメニューの考案とフィードバックのコーチングからなります。

技術面の指導としては,スイングの指導が中心となりますが,映像をリアルタイムでコーチと遠隔で共有し、コーチがポイントを教えます。ただし,基本的なトレーニングができていないのに、その場で「肩や腰をこう使ってください」「ハンドファーストでこういう風に振ってみてください」などとパッと言われても、絶対上達しません。スイングの指導としては,映像をリアルタイムでコーチと遠隔で共有し、自身のスイングを動画や画像で見て,自ら改善できるよう,コーチがポイントを教えることができれば十分であり,自ら主体的に創意工夫して上達できるようになることが重要です。

また,正しい動きをするには,ボディバランスが重要であり,体幹レーニングなどの基礎トレーニングも重要です。これは希望者に対して提供できるようにします。

そして,基本的なスイングが出来てくれば、早めにラウンドすることが大切です。どんな競技でもそうですが、実戦形式の中でしか上達は望めません。そこで自分の課題を見つけ、フィードバックループで取り組むことで、主体的に改善することができるのです。最終的には、自分でうまくなれるかどうかが重要なのです。

 

体制・スキル

コーチのスキルとしては,細かいスイング指導ができることよりも,メンター的なコーチングのスキルが重要です。また,メニュー設計とコーチングは別のスキルだと考えて、本部ですばらしい練習メニューや体幹レーニングメニューを作ることを予定しています。また,ゴルフ指導と体幹レーニング指導も分業制で行います。

 

価格設定

価格設定についてですが、室内練習場は高級でプライベートなものであれば、月々数万円することもあります。その場合、体験から会員へのコンバージョンレートはせいぜい50~60%でしょう。ハードルを思い切って月額10000円に下げて、コンバージョン率80%を目指すべきと考えます。また、広告宣伝効果を最大化するために、利用可能な時間帯限定した5000円程度のリーズナブルなプランも用意します。

 

立地戦略・店舗条件

立地戦略については、乗降客数、検索数、平均年収、駅からの徒歩距離などを考慮します。駅から徒歩5分以内であることは必須条件です。また、通行人から見えるように、屋外に大きな看板を設置できることが必須条件となります。天井の高さは3m程度が望ましいです。広さは8ブースで60坪程度が必要となります。具体的エリアは千葉又は埼玉のターミナル駅のエリアとします。東京ではなく千葉埼玉にするのは,競争がまだ激しくないという点と,人口対比の賃料相場の点で,非常に有利であるためです。

 

店舗・設備

(1)非接触:スタッフの接客時間の短縮により、打席の清掃・消毒の徹底やスタッフの勤務時間短縮など、高い生産性を実現します。

(2)トイレ・更衣室のリフレッシュ:女性客や新たな客層を取り込むため、トイレ・更衣室を充実させます。

(3)シミュレータの導入:打球の軌跡や飛距離を表示するシステムを導入します。設備は汎用端末(iPad)で構築し、店舗のイニシャルコストを抑える予定です。なお,高精度なシミュレーターの導入で差別化に力を入れる企業が多いですが、実際はiPadと外部カメラ2台(前と後ろに1台ずつ)があれば十分です。パッティング、ラウンド、練習モードが1台で実現できるシミュレーターは一式で数百万円するものもあれば、スイングチェックや軌道解析ができる70万円程度のものもあるようです。現在のトレンドは高級品(韓国製が多い)であり、どの新規参入企業もそうした製品を導入し、他社にはない独自性を追求しようとしています。しかし、これ自体がすでに過当競争のコモディティ化モデルであると考えています。なお,夜間など無人の時間も多くなるので、セキュリティや保険が課題となります。

 

キャパシティ

キャパシティに関しては,プライベートな個室形態が流行っていますが、それよりも「人とのつながり」を重視した方がいいのではないかと考えています。8ブース程度は確保したいと考えています。300名以上の会員を受け入れることができます。

 

収益性試算

収益性については,月額課金モデルであることに加え、複数ブースを持つことで会員のキャパシティを確保できるため、固定収入となり限界利益率も高く、非常に安定したビジネスモデルです。前記の通り,キャパシティの面からは、8席程度で予定していますが,必ず1ブースは左利き用を用意します。採算面では、会員300人、平均単価10000円/月として、300万円/月の固定収入を確保できます。ラウンドレッスンは、1回4万円、月20人程度とすると、月80万円を確保するのが現実的だと思います。これで月間の売上は合計380万円確保できます。月々の運営費は、150万円の固定費が中心かと思います(特に、日々の機器のメンテナンスや清掃は欠かせない)。開業半年で月230万円の営業利益を確保できる見込みとなります。また、会員300名の入会金(@25,000円)750万円も確保します。

 

初期投資額試算

初期投資については,1店舗出店の初期費用は2000万円(iPad、カメラ、MacBook、内装工事、インターネット工事、その他初期費用)と想定します。

その他初年度の立ち上げ費用は2200万円(システム関連(ソフト、予約システム、オートロック、保守)150万円、専門家費用600万円、広告費500万円、技術導入費500万円,外注費400万円、教育費50万円)です。

また、数か月で黒字になるとはいえ、家賃や人件費など当初3ヶ月分の運転資金として,500万円はあった方が良いだろうと思います。

そうすると、初期投資の総額は4700万円になります。

 

投資回収試算

投資回収期間については,初期投資の4700万円の一部は,入会金収入750万円で賄い、残りの4000万円は約3年分の純利益で賄うことができると考えます。半年で月300万円の営業利益を達成できる予定であり,3年半程度での投資回収を目論みます。

 

破壊的イノベーションについての仮説

以上のような性能・価格面での優位性、立地戦略に加え、破壊的イノベーションを可能にするコストでの店舗運営モデルの構築が可能となります。こうして,顧客のゴルフトレーニングの利便性を向上させ、ゴルフを通じたコミュニティづくりを実現することを狙います。コロナで崩壊したのはビジネスだけでなく、人間関係もです。ビジネスの再構築に加え、コミュニティの再構築を行うことで、本当に価値のある「アフターコロナ」の世界へ進むことができると考えています。

 

業界展望

妄想の域を出ませんが,これから,インドアゴルフ練習場の革新的なビジネスモデルを構築する企業が出現し,急成長する企業の出現が予想されます。日本ではZenGolf、海外ではPelotonあたりが有力と見ていますが,全く新たな企業が頭角を表してくる可能性も高いです。