#株式投資ノート

個別銘柄の分析やPFの記録など

日銀の日経225ETF買いの副作用

日銀が値を押し上げたとしてもその効力は続くのかという論点があると思っています。


一見すると,買ってガチホだから効力は続くとも思えます。


しかし,ガチホ日銀が買って値動きが軽くなったともいえます。


なぜなら常に残された浮動株に対する買いたい人と売りたい人の天秤で上下は決まるからです。腰の座ってない投機筋が残ったイスを奪ったり残った爆弾を押し付け合っている様を想像できます。イスや爆弾が少なくなれば競争は嫌烈になります。イスと見せかけて爆弾という仕掛け,その逆も容易になります。


新しい買い手が出現しないことが株価が保たない真の要因であり,日銀がホールドしていることは浮動株の量の点ではこの局面ではマイナスに作用します。

 

問題の淵源は,そこまで引き上げて多くの投資家に高値高みさせた日銀にあります。日銀がETFに手を出してしまったことはタブーでした。