#株式投資ノート

個別銘柄の分析やPFの記録など

日本製鉄

日本製鉄がだらしなく下げている。

 

二期後の予想PERで7xというところまで調整している。本銘柄は,PER10xまで伸びたら売れが法則と言われている。当然EPSも伸びる余地があるので,そういう場合は単にPERの水準訂正以上に狙えるという話である。

 

エントリータイミングは,クッソ赤字決算発表の直後に買えということになっており,私は昨年エントリーして1.4xくらい取った。

 

個人的には,22.3予想EPS(硬めにみてるはず)をベースに,1年とかの長い取り組みなら2500から3000円が目標と考えている。

f:id:q07025a:20210611173402j:image

 

鉄鋼は,サイクル的には,長くラリーが続くと見るカテゴリーだと考えている。

 

背景には何があるのだろうか。

https://www.stockvoice.jp/blogs/1114 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-03-09/QPGWGHDWLU6B01

要は世界的な品不足でプライシングパワーが高炉側についているということのようである。

 

その内容は最新の同社の決算説明資料に表されている。中国の鉄鋼の構造転換、タイト化。

f:id:q07025a:20210611173412p:image

f:id:q07025a:20210611173501p:image

https://www.nipponsteel.com/ir/library/pdf/20210507_300.pdf

 

あとは「22年3月期の売上高見通し6.2兆円」がどこまで上方か下方に修正されるか。自動車とか建築とかがどこまで需要あるか,あと中国の高炉稼働見通しとかをしっかり見たいところである。

 

損益分岐点改善

損益分岐点改善の効果。2300億の改善は大きい。 

f:id:q07025a:20210611173354p:image

 

なお,営業CFはずっとしっかり出ている。

f:id:q07025a:20210611173351j:image

 

値動き

決算で機関投資家が買ったが,利確売りなどで下がっている。

日足の長期移動平均にタッチして横ばっているが,またさらに調整で10%くらいは全体相場下がることもあるから含み損気にせず取り組む感じだと考えられる。

 
f:id:q07025a:20210611173358j:image

 

需給

なお,株価は下がっているが,売り残が減って買い残が増えているのは少し気持ちが悪い。

f:id:q07025a:20210611173344j:image

 

f:id:q07025a:20210611173347j:image

 

この解釈は結構難しい

信用買い残高が大量に残ったまま株価が下落に転じたり、株価下落中に信用買い残高が増加を続ける場合は、含み損の発生により信用買いがしこってしまうため需給にマイナスの影響を及ぼす」

信用残高からみえてくる「浮かぶ株」「沈む株」(その1)基礎知識編 | トウシル 楽天証券の投資情報メディア

 

「株価下落中に信用買い残高が増加を続ける」 この現象がよくわからないが,機関投資家保有の現物が売られて信用勢がナンピンしたり新規買いしてるのかと推察する。

 

まあでもとにかく売り終われば上昇に転じる気がする。決算が良くて長期の機関投資家に買われた典型だと思われるためである。セクターローテーションで下げてきているところ,今高値でエントリーした個人投資家は狼狽売りしていると思われる。

 

個人的には,雰囲気が出てきていると考え,昨日,300株買ってみている( 下がればナンピン)。なお,JFEもいいが,信用倍率的には日本製鉄の方がいい。上がる時はどちらも似た動きをするが。陽線何本か続いたら売り終わりと思われる。

 

昨日の日本証券新聞

f:id:q07025a:20210611173408j:image