#株式投資ノート

個別銘柄の分析やPFの記録など

4月第4週 PF振り返り #日本株 #米国株

1.今週の総括

 

今週はなかなかハードな1週間でした。

 

日本は荒い値動きで上値切り下げという動きで悲観的なムードが強くなっており,見送りムードも強くなっているように思います。そんな中ソフトバンクGが一人気を吐いています。決算発表で注目していた日本電産は,経営のバトンタッチにより翌日大きく売られてスタートする展開となりました。

 

米国は私の体感としてはですが,GAFAを中心に堅調,PSR評価のハイグロースも回復基調にあるという感じがします。シクリカル系がやや勢いを失いつつあるようにも思います。また,半導体系は相変わらず弱いという感じはします。またセクターローテーションが来ているのではないかと思います。なお,バイデン関連の個別のニュースはあまり気にしなくて良いのではないかという気はします。

 

今週はいろいろと損切り値洗いもしたので,年初来損益をしっかり確認したいと思います。

 

特に金曜,Zホールディングス,マネックスG,日本電産が値下がり率トップクラスですべてくらってしまうことになりました。初めての経験です。

 

一方,今週1週間では,ソフトバンクGががんばってくれました。

 

非常に勉強になった1週間です。


onlythegoodyoung.hatenablog.com
onlythegoodyoung.hatenablog.com

 

 

2.メイン口座 年初来損益

 

年初来

利益金額合計 +5,582,031 円
損失金額合計 -3,430,511 円
実現損益合計 +2,151,520 円

 

現物評価損益

日本株 -44,666円

米国株 +833,486円

 

信用評価損益

日本株 +251,874円

 

年初来損益

+3,192,214円

※最新のPF

日本株(現物)

f:id:q07025a:20210423141818j:image

日本株(信用)

f:id:q07025a:20210423141804j:image

米国株(現物)

f:id:q07025a:20210423141758j:image

 

 

3.サブ口座 設定来損益

 

1000万円の元手で3月にスタートしたサブ口座の方は,設定来損益は-168万円となってしまいました。ここは1週間で100万円程度マイナスとなる残念な状況ですが,PFの組み換えをうまくやって乗り切りたいと思います。

 

※最新のPF

日本株(信用)

f:id:q07025a:20210423141911j:image

米国株(現物)

f:id:q07025a:20210423141915j:image

f:id:q07025a:20210423141935j:image

 

 

4.注目銘柄

 

注目銘柄① 日本電産

決算カンファレンスコールを訊いてみていただければと思いますが,足元の需要は好調で,現在売りが立つ前のベースでも利益率が改善しており,今後の大きな飛躍が期待できる内容でした。今後,EV,足元,家電(冷蔵庫等),ともにGood,経営方針も適切で,新CEOの関氏も実力十分,ということで期待できる銘柄だと思います。200株だけ保有していたのですが,金曜の寄付きが非常に安かったので400株追加し,600株としました。

f:id:q07025a:20210423135429p:plain

f:id:q07025a:20210423135502p:plain

新CEO 関氏についてのコメント

 

 

注目銘柄② いつも

EC事業のアグリゲーションビジネスを行うとの発表があり,翌日の寄り付きで900株買うことができました。また値を消す場面もあるかもしれませんが,時価総額がまだ200億しかないところ,オーガニックな成長に加え,PEファンドビジネスが加わったということで今後大きく理論株価が水準訂正されるものと考えられます。詳細はこのTweetで記載しています。

 

関連記事(4/24作成)

onlythegoodyoung.hatenablog.com

 

 

注目銘柄③ ENEOS

 

 

注目銘柄④⑤ CHEGG,Repligen

今週は荒れ模様の相場の中非常に強い動きとなりました。材料はよくわからないですが,成長性,割安性は問題ないと考えており,引き続きホールドで行きたいと思います。

 

onlythegoodyoung.hatenablog.com

onlythegoodyoung.hatenablog.com

 

 

5.来週の展望

 

買いポジションがたまっており利確ニーズが強い状況であるところ,今週の下げにより,需給の悪化が続く可能性があり,来週は,引き続き荒れる可能性もあります。もちろん切り返す可能性もあります。

 

来週はGAFAの決算発表に注目しています。現在,GOOG, AAPL, AMZNで合計200,000ドル程度,保有してます。これらは社歴も長く実績十分の会社であり,また,全部現物での保有なのと,長期目線では上なので,注目はしますが1回決算しくじったくらいで即切りするような神経質なスタンスではありません。

 

f:id:q07025a:20210424220107p:image

 

年初からの当方の動きですが,1月から集中投資していた日本株(エネルギーセクター)を3月に売り払い,3月末に米国株のウェートを一気に増やして,PER評価で割安感の出ていた上記銘柄とソフトバンクG(1500万円分)に移したのですが,ここまでのところ,非常に良かったです(ドル高の恩恵もあり)。特に米国株PFはすべて利が乗っている状態です。

 

日本株ソフトバンクGのみちゃんと利が乗っている状態で,後は全部含み損です。上記の通り,今日決算発表を受けて日本電産が前日終値から-7.5%付近で寄り付いたので,400株買い増しをして合計600株(1000万円分)としました。これが吉と出るか凶と出るか。

 

現在ARKF銘柄でもあるZホールディングスも結構買っています。これはLINEの不祥事で下落しましたがまだ損切りするところ(-8%)までは言っておらずかろうじてホールド判断です。

 

一方,マネックスGはまだPERも高くなく米国株ブームでさらに上がるかと思ったのですがCoinbase/BTCの不調で連想売りがされたためか大きくマイナス(-10%程度)となって,損切りでポジション縮小(一部値洗いで買い直し)となりました。

 

今年ここまでは,一つ間違えれば終わりの非常に難しい相場だったと思います。次はSell in Mayをどう乗り切ろうか悩んでいます。


しばらくはオニール式で-8%で損切りしつつ(逆に言えばそこまではリスク許容でホールド),5月中旬に利が乗ってお宝ポジションになっているもの以外は全部切ってエクスポージャーを減らすというプランが有力です。ただ,確定申告が期限延長されているのでもう少し引っ張っていいのかどうか(Sell in June?),近くなったら考えていきたいと考えています。