#株式投資ノート

個別銘柄の分析やPFの記録など

4月第3週 PF振り返り #日本株

1.今週の日本株ポートフォリオのパフォーマンス

 

今週は総じて小動き,S&P500の動きに対して日本はヨコヨコな相場という印象ですが,マザーズの方は決算で明暗が分かれてきており,いい銘柄はいい,悪い銘柄はめっちゃ悪いというようにパフォーマンスにムラがあるような相場だったと思います。マザーズの大所に資金が戻ってきており,セクターローテーション的には,バリュー系やシクリカル系からグロース系という印象です。

なお,今週発表されたTSMCの決算ではガイダンスがコンセンサス予想よりも弱く,そのためかわかりませんが決算発表後日足でTSMCの株価は-2%となっています。関連はないとは思いますが,信越化学は今週,弱い値動きとなっています。

私の日本株の方のパフォーマンスは小動きです。新規にZホールディングスとENEOSをロングしましたが,あまりトレードはしませんでした。

 

 過去記事

onlythegoodyoung.hatenablog.com

onlythegoodyoung.hatenablog.com

 

 

2.メイン口座(楽天証券

 

値動き的には日本電産信越化学とJMDCがマイナス,ソフトバンクGとマネックスGと三菱UFJがプラスといったところです。シクリカルの弱さが目立つ一週間となりました。今週は,原油価格の回復が見られたのもあって,以前に利確してノンポジとなっていたENEOSを再度買い建てました。また,Zホールディングスに値ごろ感があったので木,金と買いました。

今週は,日本電産信越化学はポジション調整のため益出し損出しをしたほかは,あまりトレードはせず,様子を見ています。

評価損益額の推移としては,+54,922円ですが,益出し損出しがあるのでほぼプラマイゼロか少しプラスの感覚です。

 

先週末

f:id:q07025a:20210410123035j:image

 

今週末

f:id:q07025a:20210416154038p:plain

 

 

3.サブ口座(DMM証券)

 

値動き的にはJMDCと野村ホールディングスが先週来マイナス,残りに関してはプラスとなっています。

三菱UFJは依然として含み損(縮小),野村ホールディングスも含み損(拡大)となっています。

今週はZホールディングスを新規で追加しました。

売却はなし。

評価益ベースでは先週末時点が手元計算で254,080円,今週末時点が332,030円ということで+80,000円というところです。東京市場もあまり強いとは言えない地合いでしたので,マイナスにならなかったところを見るとまずまずの出来ではないかなと思います。

 

先週末

 

今週末

f:id:q07025a:20210416153100p:plain

 

 

4.来週の展望

 

来週は日本電産の決算に注目しています。アナリストの評価は高い状態ですが,これが安川のようにいい決算での事実売りということになればシクリカルが弱いという感じになりますが,日本電産の場合は旬なビジネスに投資するのがうまい会社なので,もしかすると買い場と考えて買い増しをすることも視野に入れています。

引き続きPFのウェートはSBGが最大となっており,WeWork・GrabのSPAC上場,BABAの独禁法違反のあく抜け,など,イベントは問題なく通過してきており(その割に株価の反応はありませんが),ここに関しては割安感からさらに見直しが進むことを期待しています。9000円台前半に下がってきたら買い増しをしたいと考えております。

また,マネックスGに関してもレンジは抜けていませんが,また900円台前半に下がるようなことがあれば買い増しの方針です。

三菱UFJは今日の日本証券新聞でも取り上げられていましたが,そろそろ個人投資家のふるい落としも終わって上がることを期待していますが,パフォーマンスが悪い場合は損切りする可能性もある銘柄です。

 

5.保有銘柄寸評

日本電産は日足の長期移動平均を下回っていたところで入った銘柄です。プロダクトライフサイクルを意識した旬な分野に設備投資するのがうまい会社です。そのポートフォリオ管理の信頼性と,自動車畑で日産の次期社長を現場から切望されていた極めて実務家の関氏の加入による永守・関体制のバランスの良さを買っています。最新の四季報では上方修正が入っていました。次の決算発表の永守漫談も楽しみにしています。

ENEOSは,足元のガソリン価格の高騰,需要の回復,営業CFは実は去年がボトムで今年は去年の1.2倍以上が見込める(その割にCFOの営業CF見通しは固めすぎる),原油価格も会社想定緒元を上回る推移を見せている,今後ジェット燃料のニーズも高まる,天然ガスも市況OK,銅も市況OK,一応水素関連銘柄,ということです。基本的に営業CFが前年を上回っているかを確認しますが,次の決算発表までは少なくともホールドする方針です。ただし,原油先物市場ではバックワーデーション(後の限月の方が安くなる現象)が生じており,来期のガイダンスが強いかというとなかなか難しいかもしれません。

信越化学は,営業CFがきれいな成長カーブを描き続けている非常に優良な企業です。3月初旬にまたとない買い場があったのですが,ミスしてしまい,どうしても買いたかったのでアメリカの半導体関連銘柄の暴落タイミングで3月後半に入りました。アメリカで建材用塩ビの世界最大手を傘下に持ち,米国のインフラ政策(3兆ドル)関連株の筆頭。これも最低単位はホールドしておく予定です。

マネックスは,米国株と言えばの銘柄。プレもアフターも特定口座でできる証券会社で私の知る限りほかにない。宣伝もよくしている。また,仮想通貨関連ではコインチェックを傘下に持っており,クリプト関連の業績が伸長している(なお,本場のCoinbaseのPSR(TTM)は70xとなっているところ,コインチェックの売上高は39億9700万円。個人的にはこの半分のマルチプルでもいいのでもう少しコインチェックのFair ValueマネックスGの株価に織り込んでほしいと考えている)。クリプト伸長,米国株証券口座開設爆増で,次の決算あたりでサプライズがないか期待しています。FwdPERも20倍程度とそこまで高くない。ここまでやや営業CFに安定感を欠くことから,その点は注視したいと考えています。

JMDCは,グレートグロースの期待が持てる超優良な銘柄。営業CFマージンが25%と高水準,売上高成長率はTTMで31%,PSRはTTMで18.73xと割安水準にある。今株価は少し停滞気味だがいい調整で,中期的には「上」。この辺りはオニール式に,利が乗ってくれば買い増しする予定。

ソフトバンクGは,今日日足の長期移動平均がサポートになっているような値動きなので,買ってみました。米国株次第というところですが,米国株のハイパーグロースよりはマイルドな値動きだと思います。

Zホールディングスは,PayPay関連のブランド統一に期待しているFinTech銘柄。Ark InvestのFinTech ETF $ARKF にも組み込まれている。私の周りでPayPayの個人間送金が非常に伸長していて,マーケティング段階を終えてプラットフォームとしての収穫期が今後数年内にスタートすると考えています。株価は年初720円を付けていたが,現在560円台で推移しており,値幅をある程度取る余地はあると考えています。

https://www.z-holdings.co.jp/pr/press-release/2020/0731/