k's point of view

このブログは,司法試験の問題を中心に,新たに実務的視点で考えてみるブログでしたが,最近は,ビジネス関連の雑考や法律・ビジネス関連の書籍紹介の記事が多くなっています。→刑事訴訟法まとめノート・租税法まとめノートを販売しています(サイドバーのリンクをご参照ください)

TrumpがWHOに宛てたLetterの日本語訳

edition.cnn.com

 

THE WHITE HOUSE WASHINGTON May 18.2020 His Excellency Dr. Tedros Adhanom Ghebreyesus Director-General of the World Health Organization Geneva, Switzerland Dear Dr. Tedros: On April 14, 2020, I suspended United States contributions to the World Health Organization pending an investigation by my Administration of the organization's failed response to the COVID-19 outbreak. This review has confirmed many of the serious concerns I raised last month and identified others that the World Health Organization should have addressed, especially the World Health Organization's alarming lack of independence from the People's Republic of China. Based on this review, we now know the following: The World Health Organization consistently ignored credible reports of the virus spreading in Wuhan in early December 2019 or even earlier, including reports from the Lancel medical journal. The World Health Organization failed to independently investigate credible reports that conflicted directly with the Chinese government's official accounts, even those that came from sources within Wuhan itself. By no later than December 30, 2019, the World Health Organization office in Beijing knew that there was a "major public health concern in Wuhan. Between December 26 and December 30. China's media highlighted evidence of a new virus emerging from Wuhan, based on patient data sent to multiple Chinese genomics companies. Additionally, during this period, Dr. Zhang Jixian, a doctor from Hubei Provincial Hospital of Integrated Chincse and Western Medicinc, told China's hcalth authoritics that a new coronavirus was causing a novel discase that was, at the time, afflicting approximately 180 paticnts. By the next day, Taiwanese authorities had communicated information to the World Health Organization indicating human-to-human transmission of a new virus. Yet the World Health Organization chose not to share any of this critical information with the rest of the world. probably for political reasons. The International Health Regulations require countries to report the risk of a health emergency within 24 hours. But China did not inform the World Health Organization of Wuhan's several cases of pneumonia, of unknown origin, until December 31, 2019, even though it likely had knowledge of these cases days or weeks earlier. According to Dr. Zhang Yongzhen of the Shanghai Public Health Clinic Center, he told Chinese authorities on January 5, 2020, that he had sequenced the genome of the virus. There was no publication of this information until six days later, on January 11. 2020, when Dr. Zhang self-posted it online. The next day, Chinese authorities closed his lab for "rectification." As even the World Health Organization acknowledged, Dr. Zhang's posting was a great act of "transparency." But the World Health Organization has been conspicuously silent both with respect to the closure of Dr. Zhang's lab and his assertion that he had notified Chinese authorities of his breakthrough six days earlier, The World Health Organization has repeatedly made claims about the coronavirus that were either grossly inaccurate or misleading. . On January 14, 2020, the World Health Organization gratuitously reaffirmed China's now-debunked claim that the coronavirus could not be transmitted between humans, stating: "Preliminary investigations conducted by the Chinese authorities have found no clear evidence of human-to-human transmission of the novel coronavirus (2019-11Cov) identified in Wuhan, China." This assertion was in direct conflict with censored reports from Wuhan. On January 21, 2020, President Xi Jinping of China reportedly pressured you not to declare the coronavirus outbreak an emergency. You gave in to this pressure the next day and told the world that the coronavirus did not pose a Public Health Emergency of Interational Concern. Just over one week later, on January 30, 2020, overwhelming evidence to the contrary forced you to reverse course. On January 28, 2020, after meeting with President Xi in Beijing, you praised the Chinese government for its "transparency" with respect to the coronavirus, announcing that China had set a "new standard for outbreak control" and "bought the world time." You did not mention that China had, by then, silenced or punished several doctors for speaking out about the virus and restricted Chinese institutions from publishing information about it. • Even after you belatedly declared the outbreak a Public Health Emergency of International Concern on January 30, 2020, you failed to press China for the timely admittance of a World Health Organization team of international medical experts. As a result, this critical team did not arrive in China until two weeks later, on February 16, 2020. And even then, the team was not allowed to visit Wuhan until the final days of their visit. Remarkably, the World Health Organization was silent when China denied the two American members of the team access to Wuhan entirely. You also strongly praised China's strict domestic travel restrictions, but were inexplicably against my closing of the United States border, or the ban, with respect to people coming from China. I put the ban in place regardless of your wishes. Your political gamesmanship on this issue was deadly, as other governments, relying on your comments, delayed imposing life-saving restrictions on travel to and from China. Incredibly, on February 3, 2020. you reinforced your position, opining that because China was doing such a great job protecting the world from the virus, travel restrictions were "causing more harm than good." Yet by then the world knew that, before locking down Wuhan, Chinese authorities had allowed more than five million people to leave the city and that many of these people were bound for international destinations all over the world. As of February 3, 2020, China was strongly pressuring countries to lift or forestall travel restrictions. This pressure campaign was bolstered by your incorrect statements on that day telling the world that the spread of the virus outside of China was "minimal and slow and that the chances of getting this going to anywhere outside China [were] very low." On March 3, 2020, the World Health Organization cited official Chinese data to downplay the very serious risk of asymptomatic spread, telling the world that "COVID 19 does not transmit as efficiently as influenza" and that unlike influenza this disease was not primarily driven by people who are infected but not yet sick." China's evidence, the World Health Organization told the world, "showed that only one percent of reported cises do not have symptoms, and most of those cases develop symptoms within two days." Many experts, however, citing data from Japan, South Korea, and elsewhere, Vigorously questioned these assertions. It is now clear that China's assertions, repeated to the world by the Vorld Health Organization, were wildly inaccurate, By the time you finally declared the virus a pandemic on March 11, 2020, it had killed more than 4,000 people and infected more than 100,000 people in at least 114 countries around the world. On April 11, 2020, several African Ambassadors wrote to the Chinese Foreign Ministry about the discriminatory treatment of Africans related to the pandemic in Guangzhou and other cities in China. You were aware that Chinese authorities were carrying out a campaign of forced quarantines, evictions, and refusal of services against the nationals of these countries. You have not commented on China's racially discriminatory actions. You have, however, baselessly labeled as racist Taiwan's well-founded complaints about your mishandling of this pandemic. Throughout this crisis, the World Health Organization has been curiously insistent on praising China for its alleged "transparency." You have consistently joined in these tributes, notwithstanding that China has been anything but transparent. In early January, for example, China ordered samples of the virus to be destroyed, depriving the world of critical information. Even now, China continues to undermine the International Health Regulations by refusing to share accurate and timely data, viral samples and isolates, and by withholding vital information about the virus and its origins. And, to this day, China continues to deny international access to their scientists and relevant facilities, all while casting blame widely and recklessly and censoring its own experts. 3 • The World Health Organization has failed to publicly call on China to allow for an independent investigation into the origins of the virus, despite the recent endorsement for doing so by its own Emergency Committee. The World Health Organization's failure to do so has prompted World Health Organization member states to adopt the "COVID-19 Response" Resolution at this year's World Health Assembly, which echoes the call by the United States and so many others for an impartial, independent, and comprehensive review of how the World Health Organization handled the crisis. The resolution also calls for an investigation into the origins of the virus, which is necessary for the world to understand how best to counter the disease. Perhaps worse than all these failings is that we know that the World Health Organization could have done so much better. Just a few years ago, under the direction of a different Director Gencral, the World Health Organization showed the world how much it has to offer. In 2003, in response to the outbreak of the Severe Acuite Respiratory Syndrome (SARS) in China, Director General Harlem Brundtland boldly declared the World Health Organization's first emergency travel advisory in 55 ycars, recommending against travel to and from the discasc epicenter in southern China. She also did not hesitate to criticize China for endangering global health by attempting to cover up the outbreak through its usual playbook of arresting whistleblowers and censoring media. Many lives could have been saved had you followed Dr. Brundtland's example. It is clear the repeated missteps by you and your organization in responding to the pandemic have been extremely costly for the world. The only way forward for the World Health Organization is if it can actually demonstrate independence from China. My Administration has already started discussions with you on how to reform the organization. But action is needed quickly. We do not have time to waste. That is why it is my duty, as President of the United States, to inform you that, if the World Health Organization does not commit to major substantive improvements within the next 30 days, I will make my temporary freeze of United States funding to the World Health Organization permanent and reconsider our membership in the organization. I cannot allow American taxpayer dollars to continue to finance an organization that, in its present state, is so clearly not serving America's interests. Sincerely, 

ホワイトハウス・ワシントン 2020年5月18日 テドロス・アダノム・ゲブレイエ世界保健機関(WHO)事務局長(スイス・ジュネーブ) 親愛なるテドロス博士:2020年4月14日、私は世界保健機関(WHO)への米国の拠出を停止し、COVID-19発生に対するWHOの失敗した対応に関する私の政権による調査を待っていました。このレビューは、私が先月提起した深刻な懸念の多くを確認し、世界保健機関が対処すべきであった他の問題、特に世界保健機関中華人民共和国からの独立性の驚くべき欠如を特定しました。このレビューに基づいて、私たちは今、次のことを知っています。世界保健機関は、2019年12月上旬またはそれ以前に武漢でウイルスが蔓延しているという信頼できる報告を一貫して無視していた(ランセル医学誌の報告を含む)。世界保健機関は、中国政府の公式アカウントと直接矛盾する信憑性のある報告を独自に調査することに失敗し、武漢市内の情報源からの報告であっても、それは武漢自体からのものでした。2019年12月30日までに、北京の世界保健機関(WHO)事務所は、「武漢での公衆衛生上の重大な懸念」があることを知っていました。12月26日から12月30日の間に 中国のメディアは、中国の複数のゲノミクス企業に送られた患者データに基づいて、武漢から新たなウイルスが出現した証拠を強調した。さらに、この期間中、湖北省統合中医薬西部病院の医師である Zhang Jixian 博士は、新しいコロナウイルスが、当時、約 180 人の患者を悩ませていた新奇な疾患を引き起こしていたことを、中国の医療当局に伝えました。翌日までに、台湾当局世界保健機関(WHO)に新しいウイルスのヒトからヒトへの感染を示す情報を伝えていた。しかし、世界保健機関はこの重要な情報を世界と共有しないことを選択した。国際保健規則は、24時間以内に健康上の緊急事態の危険性を報告することを各国に要求している。しかし、中国は、おそらく数日または数週間前にこれらのケースの知識を持っていたにもかかわらず、2019 年 12 月 31 日まで、武漢の起源不明の肺炎のいくつかのケースを世界保健機関に通知しませんでした。上海市公衆衛生クリニックセンターの張永鎮医師によると、彼は2020年1月5日に中国当局に、ウイルスのゲノムの配列を決定したことを伝えた。この情報の公表は6日後の1月11日までなかった。2020年、張博士がオンラインに自己投稿したときだ。翌日、中国当局は彼の研究室を "修正 "のために閉鎖した。世界保健機関も認めたように 張博士の投稿は "透明性 "の偉大な行為でした しかし、世界保健機関は、張博士の研究室の閉鎖と、6日前に中国当局に報告したという張博士の主張に関して、目立ったことに沈黙を貫いています。. 2020年1月14日、世界保健機関(WHO)は、コロナウイルスは人と人との間で感染することはできないとする中国の今までの主張を無欲にも再確認し、次のように述べています。"中国当局が実施した予備調査では、中国の武漢で確認された新型コロナウイルス(2019-11Cov)のヒトからヒトへの感染の明確な証拠は見つかっていません。"と述べています。この主張は、武漢からの検閲報道と真っ向から対立していた。2020年1月21日、中国の習近平国家主席は、あなたにコロナウイルスの発生を緊急事態と宣言しないよう圧力をかけたと報じられました。翌日、あなたはこの圧力に屈し、コロナウイルスは国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態ではないと世界に伝えました。それからちょうど1週間後の2020年1月30日、それに反する圧倒的な証拠により、あなたは方向転換を余儀なくされました。2020年1月28日、あなたは北京でXi大統領と会談した後、中国政府のコロナウイルスに関する「透明性」を賞賛し、中国が「アウトブレイクコントロールの新しい基準」を設定し、「世界に時間を稼いだ」と発表しました。あなたは、中国がその時までに、ウイルスについて発言した数人の医師を黙らせ、処罰し、中国の機関が情報を公表することを制限していたことには触れませんでした。- あなたは、2020年1月30日に遅ればせながら発生を「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と宣言した後でさえ、国際的な医療専門家で構成される世界保健機関(WHO)のチームを適時に受け入れるよう中国に圧力をかけることができませんでした。その結果、この重要なチームが中国に到着したのは2週間後の2020年2月16日だった。そしてその時でさえ、チームの武漢訪問は最後の数日まで許されなかった。驚くべきことに、世界保健機関(WHO)は、中国がチームの2人のアメリカ人メンバーの武漢へのアクセスを完全に拒否したとき、沈黙していました。

あなたも中国の厳しい国内旅行規制を強く褒めていましたが、中国から来た人に対する私のアメリカの国境閉鎖、つまり禁止令には不可解にも反対していました。あなたの意思に関係なく、私は禁止措置をとった。この問題に関するあなたの政治的駆け引きは致命的で、他の政府があなたのコメントに頼って、中国への、そして中国からの旅行に命を救う制限を課すのを遅らせたのだから。信じられないことに、2020年2月3日に、あなたはあなたの立場を強化し、中国がウイルスから世界を守るためにそのような素晴らしい仕事をしていたので、旅行の制限は "良いよりも多くの害を引き起こしていた "と見解を述べた。しかし、その時までには、武漢を封鎖する前に、中国当局は500万人以上の人々の出国を許可しており、これらの人々の多くが世界中の国際的な目的地に向かっていることを、世界は知っていたのです。2020年2月3日の時点で、中国は各国に対して渡航制限の解除や阻止を強く圧力をかけていた。この圧力キャンペーンは、その日のあなたの不正確な発言によって強化されたもので、中国以外でのウイルスの拡散は「最小限でゆっくりとしており、中国以外のどこかに感染する可能性は非常に低い」と世界に伝えています。2020年3月3日、世界保健機関(WHO)は中国の公式データを引用して、「COVID 19はインフルエンザほど効率的に感染しない」「インフルエンザとは異なり、この病気は主に感染しているがまだ病気になっていない人によって引き起こされるものではない」と世界に伝え、無症状の広がりの非常に深刻なリスクを軽視しています。世界保健機関(WHO)は、中国の証拠として、「報告されたインフルエンザのうち、症状がないのはわずか1%であり、それらの症例のほとんどは2日以内に症状が出ることを示した」と世界に伝えた。しかし、多くの専門家は、日本や韓国などのデータを引用して、これらの主張に激しく疑問を呈した。それは今、世界に向けて繰り返された中国の主張が、Vorld Health Organizationによって、乱暴に不正確であったことが明らかになっています、あなたが最終的に2020年3月11日にウイルスをパンデミックと宣言した時点で、それは4,000人以上の人々を殺し、世界の少なくとも114カ国で10万人以上に感染していました。2020年4月11日、数人のアフリカ大使は、広州や中国の他の都市でのパンデミックに関連したアフリカ人の差別的な扱いについて、中国外務省に手紙を書きました。あなた方は、中国当局がこれらの国の国民に対して、強制隔離、立ち退き、サービス拒否のキャンペーンを実施していることを認識していました。あなたは中国の人種差別的行為についてコメントしていない。しかし、あなたは、このパンデミックの取り扱いを誤ったことについての台湾の十分な根拠のある苦情を、根拠なく人種差別的なレッテルを貼っている。この危機の間、世界保健機関(WHO)は不思議なことに、中国の「透明性」を称賛することに執着している。中国が透明性に欠けているにもかかわらず、あなたは一貫してこれらの賛辞に参加してきた。例えば1月初旬、中国はウイルスのサンプルの破棄を命じ、世界から重要な情報を奪った。現在も中国は、正確でタイムリーなデータ、ウイルスのサンプルや分離株の共有を拒否し、ウイルスとその起源に関する重要な情報を保留することで、国際保健規則を弱体化させ続けています。そして今日に至るまで、中国は科学者や関連施設への国際的なアクセスを拒否し続けています。3 - 世界保健機関(WHO)は、最近の緊急委員会の承認にもかかわらず、中国に対し、ウイルスの起源についての独立した調査を許可するように公に要請することを怠っています。世界保健機関の失敗は、世界保健機関の加盟国が今年の世界保健総会で「COVID-19対応」決議を採択したことを促したもので、これは、世界保健機関がどのように危機を処理したかについて、公平で、独立した、包括的な見直しを求める米国や他の多くの人々の呼びかけを反映したものである。この決議はまた、ウイルスの起源を調査することを求めているが、これは世界が病気に対抗する最善の方法を理解するために必要なことである。おそらく、これらの失敗よりも悪いのは、世界保健機関がもっと良いことができたはずだということである。ほんの数年前、別のゲンクラル長官の指揮の下で、世界保健機関は世界にどれだけのことを提供できるかを示しました。2003年、中国での重症急性呼吸器症候群SARS)の発生を受けて、ハーレム・ブラントランド事務局長は、55年ぶりに世界保健機関の緊急渡航勧告を大胆に宣言し、中国南部の震源地を発着点とする旅行の禁止を勧告しました。彼女はまた、内部告発者を逮捕し、メディアを検閲するという中国の常套手段を使って、世界の健康を危険にさらしていると批判することも躊躇しなかった。

あなたがブラントランド博士の手本に従っていれば、多くの命が救われていたかもしれません。パンデミックへの対応において、あなたとあなたの組織が繰り返した過ちが、世界にとって非常に大きな代償をもたらしたことは明らかである。世界保健機関(WHO)の唯一の道は、中国からの独立性を実際に示すことができるかどうかだ。私の政権はすでに組織をどのように改革するかについてあなたと議論を始めている。しかし、早急に行動を起こす必要がある。時間を無駄にしている暇はありません。だからこそ、世界保健機関が今後30日以内に大幅な実質的な改善を約束しない場合、私は米国の世界保健機関への資金提供の一時凍結を恒久的なものとし、世界保健機関への加盟を再考することを、米国大統領として皆さんにお伝えする義務があるのです。現在の状態では、明らかにアメリカの利益にならない組織に、アメリカの税金で資金を提供し続けることを許すことはできません。誠意を持って。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

 

 

 

2019年司法試験,ランキングと考察

2020年の司法試験は新型コロナウィルス感染症で実施時期未定となっていますが,本記事では2019司法試験の合格発表を振り返ってみたいと思います。

法務省は9月10日、2019年の司法試験に4466人が受験し、1502人が合格したと発表しました。合格率は34%でした。

 

最終合格者数は1502人で、2018年の1525人と比べて23人減少。受験者数4466人に対する合格率は34%でした。ちなみに2015年だと合格者は1850人,合格率は20%台前半だったと思います。気になるのはやはり予備試験経由の存在です。

  

予備試験経由,大学別の合格者数と合格率は下記のようになっています。

 

※カッコ内は合格者数   合格率の順

1.予備試験合格者(315人、81.8%)

2.京都大法科大学院(126人、62.7%)

3.一橋大法科大学院(67人、59.8%)

4.東京大法科大学院(134人、56.3%)

5.慶應義塾法科大学院(152人、50.7%)

6.愛知学院法科大学院(3人、42.9%)

7.早稲田大法科大学院(106人、42.1%)

8.大阪大法科大学院(46人、41.1%)

9.東北大法科大学院(20人、38.5%)

10.名古屋大法科大学院(25人、37.3%)

11.広島大法科大学院(14人、35.9%)

12.九州大法科大学院(20人、33.9%)

13.神戸大法科大学院(44人、33.8%)

14.東海大法科大学院(2人、28.6%)

15.中央大法科大学院(109人、28.4%)

16.創価法科大学院(16人、24.6%)

17.北海道大法科大学院(25人、24.0%)

18.筑波大法科大学院(18人、23.4%)

19.首都大東京法科大学院(22人、22.9%)

20.大宮法科大学院大学(2人、22.2%), 神奈川大法科大学院(2人、22.2%)

22.信州大法科大学院(3人、21.4%), 中京大法科大学院(3人、21.4%)

22.立命館大法科大学院(24人、21.1%)

25.愛知大法科大学院(2人、20.0%)

26.千葉大法科大学院(12人、19.7%)

27.成蹊大法科大学院(8人、19.5%)

28.関西学院大法科大学院(12人、19.0%)

29.福岡大法科大学院(3人、17.6%)

30.関西大法科大学院(12人、17.4%)

31.横浜国立大法科大学院(9人、17.3%)

32.岡山大法科大学院(7人、16.7%)

33.大阪市立大法科大学院(9人、16.4%)

34.明治大法科大学院(26人、16.0%)

35.國學院大法科大学院(3人、15.8%)

36.静岡大法科大学院(2人、15.4%)

37.琉球法科大学院(5人、14.7%)

38.日本大法科大学院(14人、14.6%)

39.香川大法科大学院(1人、14.3%) , 金沢大法科大学院(4人、14.3%) , 島根大法科大学院(1人、14.3%) , 南山大法科大学院(4人、14.3%)

43.桐蔭横浜大法科大学院(4人、12.9%)

44.専修大法科大学院(7人、12.5%)

45.青山学院大法科大学院(4人、12.1%) , 立教大法科大学院(7人、12.1%)

47.学習院法科大学院(6人、11.8%), 甲南大法科大学院(4人、11.8%)

49.法政大法科大学院(7人、11.5%), 上智法科大学院(11人、11.5%)

51.近畿大法科大学院(2人、10.5%)

52.獨協大法科大学院(1人、10%), 明治学院法科大学院(1人、10%)

54.関東学院大法科大学院(1人、8.3%), 広島修道大法科大学院(1人、8.3%)

56.同志社大法科大学院(9人、7.7%)

57.京都産業大法科大学院(1人、6.7%)

58.山梨学院大法科大学院(1人、6.3%)

59.名城大法科大学院(1人、5.9%)

60.西南学院大法科大学院(1人、3.6%)

61.大東文化大法科大学院(1人、3.4%)

62.大阪学院大法科大学院(0人、0%) , 鹿児島大法科大学院(0人、0%), 熊本大法科大学院(0人、0%) , 久留米大法科大学院(0人、0%), 神戸学院大法科大学院(0人、0%), 駒澤大法科大学院(0人、0%), 駿河台大法科大学院(0人、0%), 東北学院法科大学院(0人、0%), 東洋大法科大学院(0人、0%), 新潟大法科大学院(0人、0%), 白鴎大法科大学院(0人、0%), 北海学園大法科大学院(0人、0%), 龍谷法科大学院(0人、0%)

 

「予備試験の合格率がこんなに高いのか」というのが率直な感想です。

 

予備試験経由の受験者数が385人,合格者数が315人で,合格率が81.8%とのことです。

※手元にある2016年の数字と比較すると,2016年当時は予備試験経由での受験者数は382人,合格者数は235人、合格率61.5%でした。

法科大学院経由の受験者数は4081人,法科大学院経由の合格者数は1187人となり,法科大学院経由での合格率は29.1%となります。

※手元にある2016年の数字だと,当方の試算では法科大学院経由の合格率は20.7%であり,8.4ポイント改善しています。

 

私が受けていた2009年当時は,予備試験はなく,全体の合格率27.6%だったので,法科大学院経由同士で比較しても当時より今の方がやや合格率が高くなっています。

 

今はもう,優秀な方は予備試験経由で早く合格する(学部・大学院在学中など),また,社会人で法科大学院に行く余裕のない人が予備試験経由で合格する,という状況が鮮明になっています。とはいえ,予備試験の合格者数はマクロ的観点から法務省サイドでキャップがかけられると思うので,変動要素である予備試験受験者数の増減に応じて予備試験そのものの競争率が変わるものと思います。

 

したがって,現状は,予備試験経由の合格率の高さは,予備試験そのものが競争が激しい上,そこですでに法律の能力のスクリーニングをしているので実力者が厳選されてきた結果と推察されます。

 

それにしても法科大学院の存在意義が気になります。学費が年100万円としても,200万円(既習コース)から300万円(未習コース)かかり,その上で生活費が年200万円として400万円から600万円かかるわけで,総額500万円から900万円の投資になります。

 

これがさらに私立だと上がる可能性があり,また,一度不合格になるとまた何百万円も追加コストがかかるわけです。近年は,大学院別の合格率にも大きな差が生じてきている傾向です。

 

さらに考えると,学部段階ですでに2000万円程度は投資しているわけです。

 

教育に金がかかるのはわかりますが,社会保険で一定程度商売のしやすい医師とは異なり,自由競争で社会にでる法曹志望者にとっては苦しい状況と言わざるをえません。

バイアウトファンドからみたM&Aのファイナンス的側面

バイアウトファンドの市場環境,Fund RaisingとReturnの仕組み

バイアウト部門を擁する代表的なバイアウトファンド

Blackstone

世界有数のPEファンド・ブラックストーン(Black Stone)を紐解く | オルタナティブ投資大百科

KKR

http:// https://alternative-asset-management.jp/kkr-fund/#KKR-5

Carlyle

著名PEファンド・カーライルグループ(The Carlyle Group)の実態に迫る | オルタナティブ投資大百科

 

各種ファンドマネーの投資規模

f:id:q07025a:20191205141813p:plain

各種ファンドマネーの投資規模

http://www.bsic.it/the-peak-of-private-equity/

 

ファンドのビジネスモデル

組合(Partnership)を租税回避地に作り,年金等の機関投資家(Limited Partners,LP)から資金を集めてファンド運営者(General Partners,GP)が運用してリターンを出すビジネスです。

通例,LPとの投資枠を確保しておき,具体のMA案件が来て買うことになり,資金が必要な局面で,キャピタルコールで資金を口座に振り込んでもらう,キャピタルコール方式がとられます。

キャピタルコール方式:流動性が低いファンド(プライベートエクイティやインフラファンドなど)において,ファンド組成時に投資対象を一括取得できないことから,投資の進捗状況に応じて,投資家が予め決められた期間内・出資上限の範囲内で,ファンドに対して段階的に資金提供を行うこと

GPの報酬は成功報酬ともいえる「キャリー」と,運営固定費を賄う「管理報酬」です。

キャリー, 管理報酬,リターンの配分についてはこちらに詳しいです。

組合契約における留意点(2)~組合財産の分配~ | AZX Super Highway(AZXブログ)

 

Valuation(倍率法):具体的計算手続,他の手法との比較

EBITDA × EV/EBITDA倍率 が基礎になります。

EBITDAはEarnings Before Interest, Depreciation, and Amortization(金利,税金の各支払い前及び償却前の利益)で,事業活動が生み出すおおよそのキャッシュ金額を表す数字です。M&Aにおいては,買収する側で金利額,支払税金額,償却額をある程度決定できること(ストラクチャーフリー)及びROI(MOIC)の設計はレバレッジの掛け方に依存すること(ストラクチャー依存性)から,金利額,支払税金額,償却額を控除する前段階であるEBITDAを事業本来の価値の基準値とする考え方が広く支持されています。

EV/EBITDA倍率は,マルチプルともいい,類似の上場会社や類似のM&A取引と比較して,ある会社の買収価格評価を行う際に使われる倍率指標で,「企業価値/EBITDA」の値です。時価総額があらかじめFixされている上場会社では,時価総額+NetDebtが企業価値と考えられ,それをEBITDAで割ります。会社の生の状態の資本の回転スピードと捉えることができます。

 

Leverageの概念・機能

よくレバレッジレバレッジと聞きますが,レバレッジ効果とは,借入金をたくさん使うことによって資本投資利回りが向上する効果のことを言います。変動する損益のうち,一部分を支払金利額として固定すると残りの部分の振れはますます大きくなるということです。また,その他の効果として,支払う税金が少なくなるということもあります。機能としては,資本の回転スピードに関する「強化」と捉えることができます。

もしレンダーの金利複利でかつ調達コストがエクイティ資金並みであれば,まったくレバレッジ効果は生じないでしょう。

KKRなどが90年代に開発した手法で,現在膾炙しています。リスクとリターンの適切な切り分けを実現した点が特筆に値します。

レバレッジを掛けない案件は,フルエクイティ(フルエク)と実務ではいいます。

 

ROI(MOIC)とIRR

ROI(MOIC)は,トータルでどのくらい儲かったかを示す指標で,

N年度のExit金額 ÷ 投資金額

で求められます。

例:Equity 100→250

ROI(MOIC)は2.5xですね。 

 個別の案件のIRR計算は,バイアウトファンドではシンプルに以下のようになされます。

(N年度のExit金額 ÷ 投資金額)^{1÷(N – 1)}–1

投資とExitの金額を始まりと終わりに棒グラフで立て,そこを指数関数で回っているように両者の棒のトップ同士をつなげて,それを微分するようなイメージです。ここは本当にイメージのみで恐縮なのですが,距離の離れた棒の頂点同士を直線引いて傾き求めるのとは違って,グググっと一定割合で傾きがきつくなっていく指数関数の曲線を手で描き,その曲線を構成する指数を出すというイメージです。ぱっとn乗根がわかればいいのですが,普通わからないので,年数から何乗かまず決めて,1.1, 1.2, 1.3と任意のaの値を順々に入れていってaを求めていく...というイメージです。エクセルで便利なIRR関数でよいのですが,それだとイメージが全く持てないので,ちょっとこのような説明をここでは試みています。

指数関数y=a^xの微分公式の4通りの証明 | 高校数学の美しい物語

例:Equity 100→250,6年(N=6)

(250 ÷ 100)^{1÷(6–1)}–1=0.2 よってIRR 20%

例:検算

イニシャル投資額*(1+IRR)^(N-1) 

100*1.2^5=250

複利計算なので厳密ではないですが,時間を軸にした速さと距離の関係とイメージしてみてもよいかと思います。ファンド運営は(他の投資機会よりも・確実に)速く遠くに行くゲームです。

→IRRは速さ,ROIは距離 ※全く厳密ではないです

 

Tax Planning

各個別のM&AのTax Planningも重要です。このあたりはその専門性を有する税理士に相談するのが得策です。時価総額をfixした上で,それを譲渡対価名目での現金払いと役員退職慰労金名目(これは損金化できますね)での対象会社自己資金払いにスプリットするのが常套手段です。譲受対価が下がるので売却時にはその下がった分もキャピタルゲインとして評価され譲渡益課税されるのですが,課税繰延の効果ないしはその後の買い手も同じスキームを取るのであれば節税の効果があります。

別の話として,適格再編(合併,事業譲渡等で,対価の額にかかわらず資産の簿価を承継する),非適格再編(承継しないので損益が出る)は必ず意識します。前者が得なこともあるし後者が得なこともあります。

また,のれんの償却に注意です。LBOでSPCと対象会社を合併したときに生じるのれんは,販管費で償却費が5年償却などで計上されますが,これは税務会計上別表で修正され,損金としないことが多いです。

 

基礎的な計算概念

ここで,やはり小学校から高校までの数学はとても役に立ちます。

四則演算

 (株式価値+NetDebt)/EBITDA=Multiple → EBITDA*Multiple-NetDebt=株式価値

分数とルート

 現在価値 単利での逆算と複利での逆算 5分の1 vs. 5乗根(=1/5乗)

指数と対数

 CAGRと割引  2.5≒1.2^5 vs. 5≒log1.22.5 

割戻し

 粗利20%,原価100万円,売価P

 P-P*0.2=100 → 0.8P=100 → P=100/0.8(=125) 

単純平均と加重平均

 60万円のプロダクト(販売数100個)と40万円のプロダクト(同50個)の加重平均単価は53.3万円 

このあたりは,学校の数学を思い出しながらGMATのMathなどで復習すると,とても実務で役に立ちます。↓で確実にMathの満点(51点)は到達します。

インターナショナルマスアカデミー

インフラファンドに関する考察

金融投資家から見たインフラファンドの機能(純投資)

ファンドは後ろに金融投資家(生損保,銀行,年金基金等)を抱えており,金融投資家に目標としているリターンを返していく必要がある。そこで,インフラファンドはインフラ事業会社への投資の後,①安定した収入と収益の獲得,②財務リスクを低下させられるのか,ということを話し合って結果を出していく。

ファンドがインフラ事業会社へ投資した後は,いかに当該インフラ事業会社の売上を安定させるか,運営コストを削減できるか,投資時に想定した課題(投資課題)の解決に努める(①)。そしてもう1つは,財務リスクを低下させる(②)。

②はあまり意識されない点だと思うが,売上が安定しコストが下がれば利益が上がってくると,今あるインフラ事業会社の借金を良い条件で借換えを行うことができ,それによってインフラ事業会社の財務リスクを低下させることができる。このように財務リスクが低下したとき,インフラ事業会社の株式の評価は上がる。インフラ事業会社の株式の評価は,向こう10年20年の長い期間のキャッシュフローを予測していくのだが,この長期間のキャッシュフローの合計を一定の割引率で割り引いて現在価値として評価する。したがって,財務リスクを低下させることにより,割引率が下がり,事業価値(現在価値NPV)の評価額が上がっていくこととなる。

その結果,投資家の期待水準のリターンが実現される(①と②は発射台としてのキャッシュフロー(cとする)とマルチプル(mとする)という関係〔c*m〕で,値を決定する要素は共通する部分はあるものの項目それ自体としては二重評価による減殺関係にない独立関係でかつプラスにもマイナスにも相乗効果がある)。

安定した収入があって運営費に無駄が多ければ効率的な運用をして財務リスクが低下する。インフラファンドは,インフラ事業会社にそのようなことを行えるガバナンスがあるのかどうかを投資する前から審査する。インフラ事業会社の組織体を見て役員レベルがどうなっているか,経営企画部がどうなっているか,そして実行するメンバーがどうなのか,あらゆる角度から議論して投資前の事業計画や投資後の100日計画等を実行し,さらに1年後や5年後を目標にした計画を実行していく。その後,事業運営の改善が見られる2年から3年後にインフラ事業会社においてローンをリファイナンスし,財務リスクを低下させていく。

 

金融投資家から見たインフラファンドの機能(リスク分散)

金融投資家がどういう期待を持ってお金を預けているのか。現在は,市場環境が難しく投資の期待収益も低下して,市場の変動も激しくなっている中,もっと安定して投資収益を得たいと考える投資家が20年程前から欧米を中心に出てきた。

分散投資の1つとしてインフラ事業会社への投資が注目されている。投資家がインフラ事業会社株式に注目する理由は次の4つ。①インフラ事業会社は公共性が高いので地域に不可欠のサービスであり存在し続ける,②参入障壁が高く競争条件が緩やか,③20年以上に及ぶ長期的なキャッシュフローの予測ができる,④料金料率等の価格設定の時にインフレ部分が考慮されるためインフレヘッジの手段になる。このような項目に着目した結果,非常に安定した投資手段ではないかと考える投資家が増えている。特に欧米やオーストラリアで注目を集めている。

一方,個人が銀行や証券会社の窓口で買う投資信託は大半が上場している株式に投資しているもので,株価を決める要因の9割は会社の業績よりも市場の要因で決まっていく。どんなに業績が良くてもその国のマクロ経済状態ファクターが大きいのである。

インフラファンドを出資先に選ぶ投資家は,そういう市場リスクの排除を重視している。業績が安定していれば配当が定期的に得られ,投資先のインフラ事業会社をファンドが売却する時には,高く売られることも期待される。

 

インフラ事業会社からみたインフラファンドの機能(インフラファンドの競争力の源泉)

次に,インフラ事業会社から見たインフラファンドはどういった位置付けになるのか。まずどういった形でファンドを活用できるのか。上場していないインフラ事業会社の立場としては,資金調達の手段としてファンドを考えることができる。つまり,インフラ事業会社にとっては,インフラ事業会社の株式や運営権に投資をすることを使命とするファンドが株式の資金の出し手になる。それに加えて,経営の指針を示される,あるいは共同でインフラ事業会社の経営を行うスタッフ等のリソースがシェアされる。ファンドに株式を売却して資金を調達したいという場合は,財務的にノンコア事業であるインフラ事業を売却せざるを得ないとか,財政的に厳しいから民営化したいという背景のもとにファンドに対してアクセスが行われることが一般的である。

それでは,インフラファンドの競争力の源泉はどこにあるだろうか。まずはスピード感という点である。インフラファンドは,一つ一つの投資案件が大きく,投資候補先を極めて多くの人間が関わって審査していくことになるが,一度に複数の案件をチェックできる態勢がないと投資機会を逸してしまう。グローバルなインフラファンドにおいては,一般に,実行や検討の事例も蓄積しており,大きな投資案件に関する初期段階のデューデリジェンスを社内で実施することができ,かつ,大胆にデューディリジェンスなどの検討コストの配分を決められるなど,確度の高い判断を早期に行うことで売主買主双方にメリットが出ることが多い。

また,インフラ事業会社は公共性が強く,制度的な支援がある一方で規制が多くある。金融出身者と制度や運営に詳しいインフラ事業会社出身者で構成されるハイブリッド体制が強みになる(いわゆる「金融と産業の複合業務」)。

また,政府との協働という点もインフラファンドの特徴である。政府や公共団体から直接打診があったり,公募入札で2番札だったのにも関わらず,インフラファンドの運営実績面を考慮した裁量判断により,落札できることがある。

ファンドの中でもことインフラファンド投資における競争優位性については,以下の点が上げられる。①欧州のインフラ資産に対する規制が整備・拡充される時期に蓄積された「豊富な投資・事業運営経験」,②インフラ投資の主要リスクである規制リスクの軽減に寄与できる「規制についての深い理解」,③売主が売却するインフラ資産から提供されるサービスにを引き継いでDay1から新規所有者であるインフラファンドが同様のサービスを提供できるという「安心感」,④大規模な経営資源と複数取引に同時に厳格な期日管理で進めることができる「進行/エグゼキューション力」,⑤カーブアウトなどで特に課題になるストラクチャリングやタックスやガバナンスなどを多面的に検討し最適をデザインする「オーナーシップ移行の専門性」,⑥関連する政治的リスクを軽減するため,実績があり信頼できるインフラ投資・事業運営者との協働を望む「政府部門との協働」。これらから導き出される優良な投資機会・相対的に低い取引コスト・交渉におけるプライシング力・投資後のバリューアップ機会の獲得に反映され,他のファンドや他のインフラファンドに対して,相対的に高いリターンを生み出す源泉となる。

 

インフラファンドの投資対象としてのインフラ事業の類型論

(1)開発段階によるインフラ事業の違い

一口にインフラ事業と言っても投資家の目線で見ると様々ある。ここでは,開発段階によるインフラ事業の違いから,①開発インフラ事業(ゼロから新しいものを造っていくもの),②拡張インフラ事業(すでに事業会社があり運営が行われているインフラ施設で何か設備投資をして拡張すべきだという資金需要があるもの),③既存インフラ事業(既存インフラはすでに運用されて安定したキャッシュフローが生まれているものの,資金繰りの問題で外部からお金を調達したいというもの)の3つに類型化される。

投資家の期待は固くて安定していることなので,一般的なインフラファンドの投資先は,拡張インフラ(②)や既存インフラ事業(③)の株式を選好する。

一方で,開発インフラになる場合があるが,拡大や既存に比してリスクが高いので,期待リターンが異なる水準になる。開発途上国は開発インフラ事業(①)が多いという傾向はある。また,当然カントリーリスクも考慮される。

(2)収入構造の違いがファンド特性に及ぼす影響

次にインフラ事業会社を収入構造ごとに分類すると,①景気の影響を受けやすい利用量に依存するインフラ事業会社と②4年〜5年という一定期間毎に決定されるタリフなどの料金料率の設定により長期的に安定した収入を得ることができるインフラ事業会社に分類される。前者(①)は,道路,港湾,駐車場,(タリフの設定がない)空港,鉄道などがこれらに分類される。後者(②)は,電力,ガス,水道事業,一部の空港などがこれらに分類される。タリフの設定のもとに運営費や財務リスクなどを削減していければ,比較的安定した利益が得られるインフラ事業会社群である。

また,③収入が契約によって決められているインフラ事業会社がある。例えば,特定の生産物の供給に対して,使用する,使用しないに関わらず一定の金額を支払うといった契約が締結されている熱電併給プラントや,サービス対価などで収入保証を伴う官民連携事業(PPP)の枠組みを活用した有料道路などがこれらに分類される。

ちなみに,空港事業の収入は航空系と商業系に分けられるが,航空系収入部分にタリフの設定があるものとないものとが存在する。タリフの設定がないものは利用量により収入が大きく変動するグループ(①)に分類される。

リーマン・ショック後に注目されている投資先は,収入の安定性が追求できるもの,あるいは将来のキャッシュフローの予測が堅くできるもの,例えば,電力,ガス,水道,タリフの設定がある空港などとなっている

 

インフラファンドのアジアでの投資事例

インフラ投資はアジアでは韓国が進んでいる。アジア・太平洋では最もインフラ事業へのファンド投資が進んでいるのは韓国とされる。その理由は,1998年に韓国は財政破綻し,IMF国際通貨基金)から救済を受けた歴史があり,それによって政府や自治体が保有していたインフラ事業に民間の資金を導入していこうという動きが活発化したためである。また,韓国は,財閥が極めて多くの事業を行っており,主要事業ではなく,ノン・コア事業としてインフラ事業を行っている企業が結構ある。その中で一定期間,外部の人に株式を持ってほしいというニーズがある。

ここでは,オーストラリアの金融グループであり,グローバルインフラファンドのジャイアントであるマッコーリーの,韓国の都市ガス事業会社でSK E&Sの事例を取り上げる。

Macquarie to buy stake in gas distributor

New infrastructure fund to acquire 49 percent of SK E&S shares

Mar 09,2006
The private equity management unit of Australia-based Macquarie Bank will buy a 49-percent stake in Korea’s major gas provider SK E&S Co., as part of its plan to invest in the nation’s utility industries, according to the head of the company.
David Russell, the head of Macquarie Korea Opportunities Management Inc., said yesterday the firm would establish Macquarie Korea Opportunities Fund and buy nearly half of SK E&S’s shares. His comment was made during an interview with Korean reporters.
SK E&S, an affiliate of SK Group, holds a 25-percent stake in the local gas distribution market with its 11 subsidiaries, including SKGas, Daehan City Gas Co., Pohang City Gas and Pusan City Gas.


http://koreajoongangdaily.joins.com/news/article/article.aspx?aid=2695325

SK E&Sは,SKという財閥グループとアメリカのエンロンが共同で作った会社で,50対50の対等合弁企業として1999年に設立された。その後,エンロンが破綻した際に,マッコーリーのファンドMKOF1(MKOFはMacquarie Korea Opportunities Managementを表す)が2006年3月に49%の持ち分をエンロンより取得した。SK E&Sは韓国で最大の25%の市場シェアを持っていた。投資時のタリフ上の株式による資金調達コスト(期待収益)はIRRで6%ぐらいだった。投資後,売上を安定させ,運営費を削減し,ノン・コア事業部分の売却等の取組みを行った結果,株式評価はIRRで7.8%ほど上がり,合計するとIRRで13.8%になった。欧米,韓国等の既存のインフラ事業に対する期待収益率は,ネットIRRで10%〜13%程度だが,当ガス事業は当初の想定通りの投資収益となり,最終的に投資後3年で売却された。SKグループがもう一度買い戻したいと希望があり,さらにIRRで7.4%高いところで売却することができ,この結果Exit時はIRRは21.3%となり,3年間で約60%程度評価が上がったところで売却ができた事例になっている

 

日本におけるインフラ事業を対象としたキャピタルマーケット

インフラファンドは,世界各国に比べて日本への投資が少ない。

ファンドを設立する判断に3つの視点がある。1つは投資対象の案件がたくさんあること。2つ目はファンドを設立した場合にお金を出してくれる投資家がいるかどうか。3つ目は投資するインフラ事業に対しての制度的問題で安定した実績があるかどうか。日本についてはそういう環境が拡大の方向,よい方に向っているが,マッコーリー羽田空港ビルに投資したのは2006年だが,その時はファンドを設立する時期でなかったという判断があり,マッコーリーの自己勘定で投資した。現在,日本で案件として出て来ているのは太陽光発電風力発電等の再生可能エネルギー事業,コンセッションなどがあるが,最低1つのファンドを設立するのにファンドサイズ1000億円ぐらいの資金で,そのファンドがどれくらいできるのか,問題となるところ,日本はまだ案件が潤沢でない。現状の5倍以上の案件がないといけないとされる。また,投資運営の実績のないものに投資家はなかなかお金を出さない。

また,制度についても,制度的にどう変革するか不透明である(カントリーリスク)。以前に郵政民営化が進められたのに元へ戻ってしまうこともあり,当時オリックスかんぽの宿に投資して,難しいという判断になったことが報道された。あれだけ規制のサンドボックス内閣府経産省が言っても各省庁がついてこず,AirBnBUberの狙っている業法規制領域もことごとく規制側が跳ね返し警察権を及ぼし続けている。投資する側は怯えてしまって難しいところがあるのもやむを得ない。ロジカルでない政治的領域での政策決定により(はんこ屋がIT大臣になったりする),規制のサンドボックスを埋める方向で法整備を続け,今までの規制を止めたりすることがないため,この位の確率・範囲で大丈夫ですというところが見えない。そうでないとリスク係数βが無限となり投資家も他人の資本を預かるファンドも投資判断ができない。

 

ステークホルダーの協働

インフラ事業会社の目線で見た場合,ファンドは資金調達の手段になるということ,一緒に経営を考えて会社の業績を上げていくような施策を行っていける組織であるということがポイントとなる。一方で投資家サイドとしては,長期にわたって堅くて安定していることを期待してファンドにお金を預けられる。また,制度リスクが最小になるような規制当局との調整も必要となる。投資家とインフラ事業会社の両者のバランスをうまく取り,かつ,専門性の高いファンドにおいて,規制当局との調整も行う。以上のような点にインフラファンドの独自の役割がある。

日本においては,インフラファンドといっても代表的なのは太陽光発電のような,ほぼ設備とタリフとメンテナンス業者のみで回る収益管理のためのSPCの株という程度ではないか。

ガバナンスや経営企画やオペレーションといった人やITが重要な,本格的な「インフラ事業」の投資・運営は,まずまだ案件が少ない上,二次流通もなく,開発ステージの案件のみで,PPPでゼネコンやデベロッパーがその役割を担っている段階といえるが,今後二次流通もテーマになってくると思われる。