k's point of view

経営を本業とし,その現場で毎日活動しています。このブログは,旧司法試験の問題を中心に,新たに実務的視点で考えてみるブログでしたが,最近は,ビジネス関連の雑考や法律・ビジネス関連の書籍紹介の記事が多くなっています。

コインチェック事件②;NEMのロンダリングとハードフォーク

 

1月26日,コインチェックにハッカーが侵入,580億円相当のNEMを不正に出金した事件。

 

ハッカーたちはこのコインをうまく洗浄できるだろうか。あるいは盗まれたコインを取り戻すストーリーはありうるのだろうか。

 

 

【参考記事】

www.bloomberg.com

 

インチェック事件関連の中で最も良質な記事です。抄訳をしてみました。

 

 
【記事抄訳】 

コインはどこへ行ったのか

  • インチェックは不正送金された11のアドレスを特定し公表
  • 口座の持ち主は不明だが、アカウントには次のようなタグが付けられた
    coincheck_stolen_funds_do_not_accept_trades:owner_of_this_account_is_hacker
  • NEMの開発者らは、盗まれたコインを取引所が自動的に拒否するツールを作成
 

ハッカーは盗んだ仮想通貨を換金できるのか

  • 換金可能
  • 個人データを収集しない仮想通貨取引でNEMをモネロなど他の仮想通貨に交換してしまえば洗浄できる
  • 窃盗額の大きさがネック
 

「ハードフォーク」について

  • NEM取引台帳(ブロックチェーン)をハッカー攻撃前の時点に巻き戻すことができる
  • この作業で、ハッキングが起こらなかった台帳と起こった台帳の2バージョンのNEMが生じる〔あとはどちらを「正規」と認めるかの問題〕
  • この手法はイーサリアムで2015年に成功した
  • NEM財団はこの選択肢を否定

 

 

【参考記事】

NEMのインタビュー記事です。必読です。

www.catapultsuplex.com

 

 

 【参考文献】

哲学があってとても良い本です。

 

 

【過去記事】

onlythegoodyoung.hatenablog.com