k's point of view

経営を本業とし,その現場で毎日活動しています。このブログは,旧司法試験の問題を中心に,新たに実務的視点で考えてみるブログでしたが,最近は,ビジネス関連の雑考や法律・ビジネス関連の書籍紹介の記事が多くなっています。

フリースタイルダンジョンUZIの大麻使用について

フリースタイルダンジョン!!!

toyokeizai.net

 

大麻取締法違反の疑いで逮捕されたのは、ヒップホップミュージシャンのUZIこと許斐氏大容疑者。厚生労働省麻薬取締部によると、許斐容疑者は15日、東京・目黒区の自宅で、乾燥大麻を所持した疑いが持たれている。自宅からは乾燥大麻約600グラムとパイプなどが押収されている。

 

そういえば以前にも,大麻事犯があった。一つは智頭町,一つは石垣島の事件。

 

石垣島の事件の方は,一人の女性が大麻推進を主張の核として選挙に出ていたのが記憶に新しい。

 

www.huffingtonpost.jp

 

この主張は「この健康食品は体にいいから推進しましょう!!!」というようなもので,非常に矮小な,政治的主張とは到底いえないものである。

 

※なお,別に現在医療用大麻の合法化の主張をすること自体は個人の表現の自由であり,全く問題ない。あくまでも民主制を支える政治的表現の重みの話。 

↓ これは全く問題視していません。

twitter.com

 

 

さて,ここであまりだれも言わないのが憲法上の幸福追求権としての「ライフスタイルの自由」の可能性。

 

J.S,ミル 「侵害原理」

 

ー その原理とはこうだ。人間が個人としてではあれ、集団としてであれ、誰の行動の自由に干渉するのが正当だといえるのは、自衛を目的とする場合だけであ る。文明社会で個人に対して力を行使するのが正当だといえるのはただひとつ、他人に危害が及ぶのを防ぐことを目的とする場合だけである

 

危害原理・危害原則:The Harm Principle The J.S. Mill's -

 

 

政治的主義にまで昇華するとすれば

大麻は健康上無害,他人にも迷惑をかけない(二重の意味でHarmless)にもかかわらず,禁止するのはリベラリズムの観点から問題で,現状では違憲状態である。他にもいろいろ国が理由なく制約している個人のライフスタイルにかかわる権利があり,私はこれらを一つ一つ点検していき,より自由な個人の確立に微力ながら貢献したい。そのきっかけとなるのがカナダやアメリカや欧州の一部で解禁が進んでいる大麻である」

などと主張すればもっとマシにはなったと思われる。

大麻が健康上無害かどうかは論争になっているが

 (私の主義主張ではありません。論理的可能性の話です。)

 

 

結局主張する側も覚悟がなく,「哲学なき主張」に陥ったものだと思う。

そういうところに厭世的な気質や,個人の為と社会の為をすり替える欺瞞が,私には見て取れた。

 

ー日本の民主制のレベルアップのための意見ということでご理解ください。

 

 

【参考書籍】

憲法学にイノベーションを起こした天才,阪本教授の本。

リベラリズム/デモクラシー

リベラリズム/デモクラシー