k's point of view

経営を本業とし,その現場で毎日活動しています。このブログは,旧司法試験の問題を中心に,新たに実務的視点で考えてみるブログでしたが,最近は,ビジネス関連の雑考や法律・ビジネス関連の書籍紹介の記事が多くなっています。

マンション管理IT化 ビジネスアイデア

管理会社・管理組合向けECサイトや管理組合運営アプリはこれからおもしろいと思います。

キーワード
マンション管理のIT化
管理維持のECモール(工事・メンテ・アイテム)
管理組合の意思決定のIT化
管理組合(権利能力なき社団)管理のfintech

 


管理会社によるマンション管理組合サポート内容概観


管理組合運営サポート|マンション管理のこと|日本ハウズイング株式会社

純粋に理事会総会連絡決議記録もアイデアとしてあり得ます。
電子投票システムのスタンダードとなるクラウド型の投票システム

なお,ECはカラーズジャパンがこういうことをやっており共通購買スキームで結構安いです。
全国優良リフォーム会員はマンション、住宅の優良リフォーム業者情報をご提供します。


こちらもご参考 アイミツ
業者の一括比較、見積もりができる発注サイト【アイミツ】


AIで長期修繕計画を市場最低価格に最適化するツールを提供することも考えられます。

また,古い記憶ですが,マンション管理組合権利能力なき社団と言われ,預り管理資金の銀行預金債権の帰属に問題があると思われます。

 

また,管理費の不払いは明らかに問題になってます。専有部の所有権があるので賃借人のように立退きをさせることができません。


こちらをlinepayなどで仮想空間に口座をつくり取りっぱぐれがなかったりプールしておく必要を軽減したりというものです。

LINE Pay

クラウドソーシングでマンション管理士・理事経験者を入れるかロールモデルを参考に,特にマンション管理会社の仕事を軽量化する方向で理事会総会の運営・資金管理・受発注管理・設備更新履歴と計画をしっかり分析してアプリ機能を絞って設計し,プロトタイプ運用できるといいかもと考えます。


さらに,マンションは各スペースによって用途が住居以外にも多様化することで,利便性が向上したり収益基盤が多様化することが期待されるのではないでしょうか。それにより築年数にもかかわらず価値が保存できたり上がったりするという利用価値に着目されるようになればおもしろいかもしれません。

デメリットも当然あります。現状の土地法制における都市計画や風営法のように用途地域はある程度セグメント化した方がよいでしょうね。
いずれにせよそういう流れになればシェアリングスペースはその用途のオプションの一つ,ということになるかもしれません。


マンションバブル崩壊までに空き家活用には手を付けたいですね。民泊より筋が良いと思います。


あとは寺田倉庫なんかがありますが倉庫利用やWeworkのようなコワーキングスペースやカフェ化や店鋪化もおもしろいかもしれません。


民泊も合わせて利用形態の多様化総合化で,リノベ業界のリノベるのようにプラットフォームになるところが勝つとも思いますし,あるいは特化型スペースクリエイターも勝機があると思います。


利権ビジネスなのでそこをどう住民に失った権利を取り戻すかもテーマですね。


法規制は緩和の方向で追い風かもしれません。

 

技術的には十分可能なので,誰かビジネスにしてくれないでしょうかね…