k's point of view

経営を本業とし,その現場で毎日活動しています。このブログは,旧司法試験の問題を中心に,新たに実務的視点で考えてみるブログでしたが,最近は,ビジネス関連の雑考や法律・ビジネス関連の書籍紹介の記事が多くなっています。

アメリカ大統領選 トランプに関しての雑感

http://www.dispatch.com/content/stories/local/2016/11/13/j-d--vance-says-trump-presented-change-voters-wanted.htmlwww.theguardian.com

 

最近ニュースになっているしみなさん注目してたくさんのコメントが出ているので,自分が書いても何の意味もないかもしれないが…

 

1年くらい今回の代表選を見てきていて非常にトランプ当選については驚いた。

 

ただ,共和党の候補選の時から注目はしていた。

 

まだ彼を評価するには早いと思う。良い政治をする可能性もあると思う。

 

オバマの時は初の黒人大統領, "Change", "Yes, we can."ということで結構期待していたがやはりエリート層の空論で空回りの感あり。(ノーベル平和賞も受賞したのに…)

 

今回のトランプ躍進は,後知恵的であるが,Counter "Obama=Harverd" Cultureが相当数あると思う。演説だけはうまく実際は評論家的・偽善者的なオバマがいたからこそ今回のトランプ大統領出現につながったと思う。

 

思えば8年前はマイケル・サンデルも出てきて結構ハーバードカルチャーや正義論がもてはやされた。ただ,哲学では到底事実認識の問題には対応できず,白人 対 黒人というような表層的な話で思考実験を繰り広げる。

 

今回はRedneck=Hillbillyがその存在を現し,ハーバードのエリートたちの哲学では対処できない領域に達したと思うし,結局エリートであるオバマやハーバードカルチャーの鼻持ちならないところに庶民が辟易していたことを表していたと思う。

 

“You don’t have to agree with him. He was going against the mainstream consensus,” Vance said of Trump. “People were looking to shake up the system.”

 

レッドネック - Wikipedia

 

www.dispatch.com