読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

k's point of view

経営の現場で,サラリーマンとフリーランスの境目にいる者です。旧司法試験の問題を中心に,新たに実務的視点で考えてみるブログです。その他ビジネス関連の雑考や法律・ビジネス関連の書籍紹介もいろいろ記載していく予定です。最近は映画についての感想も縷々書いています。

自分が大企業を去った理由と電通の問題

世界情勢・世界経済 ビジネス

www.huffingtonpost.jp

日本社会の縮図です。

 

自分が在籍していた某大企業の印象は,

・結構ブラック。電通の事件を見て十分ありうると思った。

・理念は絵に描いた餅で,それを現場に落とし込もうとしている人間がいない(結局サラリーマン)。

・社内手続が全て,いいビジネスにするのは二の次。

・事務処理的に物事を進めていくようなことはうまいが,本質をとらえていない(数字の根拠がおざなりなど)。

・部長クラスでも基本的にはプレーヤーであり,人のマネジメントがわかっている管理職がいない。

・まれにいい人はいるが,そのネットワークで会社が変わるような感じがしない。

・無駄なことや,理不尽なことが多い。人間性やシステムに由来している。

 

要するにろくな会社じゃない。結構このニュースを見て他人事ではないと思った。

 

自分はサラリーマン気質の人間や組織を嫌悪していることがよくわかった。自分のキャリアに対してほとんど実質的な意味がなかった(反面教師的な意味はあっても)。

 

また,法務をとってみても,だいたい全体を見たが,周りはレベルが低く,学べることがない。仕事も遅く,一緒にやっているとみていられないくらいつたない人が結構いて,こちらにもとばっちりが来ることがあった。契約をストラクチャリングしたり起案したり審査する仕事をせず,会議室の調整ばかりやっている(それを仕事と思い込んでいる)人が,感覚的に4分の1くらいいる。あと,残業しすぎ

 

総じてかなりレベルが低い。

 

上の世代はサラリーマン気質で「とにかく耐えて上に行き」発言権を獲得していくようなふうに考えているが,今の世の中そんなことがまだ必要なのかきわめて疑問。