k's point of view

経営の現場で,サラリーマンとフリーランスの境目にいる者です。旧司法試験の問題を中心に,新たに実務的視点で考えてみるブログです。その他ビジネス関連の雑考や法律・ビジネス関連の書籍紹介もいろいろ記載していく予定です。最近は映画についての感想も縷々書いています。

中国の台頭・覇権

最近急速にアジアの覇権がアメリカから中国に移っていっているような気がします。

 

中国は,米国債や金の保有がかなり進んでいると聞いています(輸出で稼いだドルの使い道がそこになるんでしょうか)。

 

AIIBやSDRを通じて資金の出し手になってきており,個人的には,ADBがあるとはいえ,AIIBに日本も入ってほしかったと思います。

 

アメリカはCity of Londonがあるイギリスを通じて実質的にAIIBに参加していると言われています。

 

軍事的には中国の海洋進出政策と日本の領土の問題をうまく外交交渉で折り合いをつけてもらえないかと考えています。

 

日本人は対アメリカ(沖縄・青森等の基地)(アングロ=サクソン系)や対ロシア(樺太北方四島)(スラブ系)に比べて,対中国・対韓国(・対琉球もあるかもしれません)は警戒的で,その辺は日本人の中に見えない偏見が働いているのではないかと感じています。

 

日本のメディアの報道の仕方には問題ありです。

 

外交交渉では日本の国家元首である天皇は政治的権能を有しないのに対して,中国の国家元首は名実とも最高指導者であり,交渉局面で何かかみ合わせの悪さも感じます。

 

中国といい関係を築いていってほしいと思います。