読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

k's point of view

経営の現場で,サラリーマンとフリーランスの境目にいる者です。旧司法試験の問題を中心に,新たに実務的視点で考えてみるブログです。その他ビジネス関連の雑考や法律・ビジネス関連の書籍紹介もいろいろ記載していく予定です。最近は映画についての感想も縷々書いています。

【憲法】内容規制と内容中立規制(旧司法試験 憲法 平成3年度第1問)

【問題】

「市の繁華街に国政に関する講演会の立て看板を掲示した行為が、屋外広告物法及びそれに基づく条例に違反するとして有罪とされても、表現内容に関わらないこの種の規制は、立法目的が正当で立法目的と規制手段との間に合理的な関連性があれば違憲ではない。」との見解について論評せよ。

なお、「小中学校の周辺では扇情的な公告物の掲示はできない。」との規制の当否についても論ぜよ。

 

 

【問題点の整理】

猿払事件最高裁判決を使って考えてみました。

 

 

【回答】

1.設問前段

【「表現内容に関わらない規制」といえか】いえる(=「間接的付随的規制」)。ただし、学説の内容中立規制とは異なる。

 

【そのときの審査基準は】①目的が正当、②目的と手段に合理的関連性がある、③得られる利益と失われる利益を比較して後者が勝っていない、場合に合憲となる(猿払事件判決同旨)。

上記①と②で規制に名を借りて公権力に不都合な表現を狙い撃ち的に処罰していないことを確認することができるが、それだけでは足りず、仮に目的が正当で妥当な手段であったとしても、規制される表現の側の価値が、規制によって達成しようとした価値を上回っている場合には、やはり表現行為に対して特別に保護を与えるべき。そのように解さないと単に正当な目的と言えるだけで何でも合憲になり、秤の反対側に載せるべき人権の価値がこの①②の基準の中では正当に考慮できない。

設問前段は基準が不十分。なお、目的が正当、手段が合理的という言い方は合理性の基準として学説からは批判されているが、必ずしも審査基準というロジックを判例は採用しているわけではない。上記のとおり、公権力に不都合な表現を狙い撃ちしているかどうかを判別することがこの①②の基準の機能であり、目的がやむにやまれないなど基準を上げると、③との関連で無用な重複が生ずる。学説の厳格審査基準の趣旨は③の適用の仕方を考える上で参考にすべきと考える。〔かなり特殊な考え方ではあります。〕

 

【本件の当てはめ】美観の維持という目的は明らかで①②OKとしても、③政治的言論という民主制の前提条件となる価値の高い表現であり、また、掲示場所も市の繁華街というパブリックフォーラムであることから、屋外広告物法及び条例の解釈適用上、当該行為者の行為は、憲法21条の趣旨から、刑法上の「正当行為」に該当し、違法性が阻却されるものと考えるべきである。よって有罪処罰は違憲違法(法令の解釈運用を誤った適用違憲)。

 

2.設問後段

【「表現内容に関わらない規制」といえるか】いえない。「扇情的」の文言により、その構成要件該当性の判断が、表現内容を公権力が審査した上で規制することになるため。当該場合は公権力が表現内容を選別して特定の価値観を押し付ける危険があるため、憲法上の価値考量上、慎重に規制により得られる利益と失われる利益を比較する必要がある(下記③)。

 

【そのときの審査基準は】①目的が正当、②目的と手段に合理的関連性がある、③得られる利益と失われる利益を比較して明らかに後者が優越している(他者の人権を具体的に害する明白かつ現在の危険があるなど)。

 

【当てはめ】①②に照らしても本件は扇情的という広い文言は過剰包摂で合理的関連がない。この場合は、子供の健全な成長に名を借りて多数派が不快に感じる表現をとにかく規制したいという趣旨が見える。
また、③に関しても、子供の健全な成長は人権としての子供の成長発達権(憲法23条の趣旨)から引き出される余地があるものの、扇情的な表現によりその人権が明白にかつ現在,侵害されるとまではいえない。

よって、法令違憲の規定であり、当該法律又は条令に基づく処罰も違憲違法。

 

 

憲法解釈の法理 香城敏麿著作集 (1)

憲法解釈の法理 香城敏麿著作集 (1)

 

 

憲法判例百選1 第6版 (別冊ジュリスト 217)

憲法判例百選1 第6版 (別冊ジュリスト 217)