k's point of view

経営を本業とし,その現場で毎日活動しています。このブログは,旧司法試験の問題を中心に,新たに実務的視点で考えてみるブログでしたが,最近は,ビジネス関連の雑考や法律・ビジネス関連の書籍紹介の記事が多くなっています。

経営

100社以上会社を見てきた私が考える,良い会社とは

これまで私は,幸運にも経営の立場で,大企業から中小企業・零細企業,100年の企業からベンチャー,オーナー企業から上場会社・ファンド傘下の会社など,いろいろな会社をみてきた。 ものすごくラフだが,良い会社とは自分なりに最大公約数的に定義すると,…

バフェットの経営哲学⑦ 7つの心得

本稿では,株主の役割と経営者がどう企業を経営し,どう株主に接するべきか,バークシャー・ハサウェイのケースをベースにして考察している。第7回。 まとめ 7つの心得 ①理想的な株主構成を実現するためには首尾一貫した経営行動が求められる ②業績指標を明…

バフェットの経営哲学⑥ 投資家が企業に提供する価値

本稿では,株主の役割と経営者がどう企業を経営し,どう株主に接するべきか,バークシャー・ハサウェイのケースをベースにして考察している。第6回。 投資家が企業に提供する価値 バフェットは,大株主として上場企業の経営に安定性を提供することを基本ス…

バフェットの経営哲学⑤ 経営モニタリング

本稿では,株主の役割と経営者がどう企業を経営し,どう株主に接するべきか,バークシャー・ハサウェイのケースをベースにして考察している。第5回。 経営モニタリング 投資先経営者に対しては,大株主として経営に自由や安定性を提供し,自由を与えるのが…

バフェットの経営哲学④ IR戦略

本稿では,株主の役割と経営者がどう企業を経営し,どう株主に接するべきか,バークシャー・ハサウェイのケースをベースにして考察している。第4回。 IR戦略 バークシャー・ハサウェイ社は,IR部門を持たず,アナリストを情報拡散のチャネルとして使うこと…

バフェットの経営哲学③ 財務戦略

本稿では,株主の役割と経営者がどう企業を経営し,どう株主に接するべきか,バークシャー・ハサウェイのケースをベースにして考察している。第3回。 財務戦略 財務戦略では株価への影響を意識しないことが重要である。配当や自社株買いなど財務戦略は株価…

バフェットの経営哲学② 戦略の首尾一貫性/経営指標

本稿では,株主の役割と経営者がどう企業を経営し,どう株主に接するべきか,バークシャー・ハサウェイのケースをベースにして考察している。第2回。 戦略の首尾一貫性 ターゲットとなる投資家の自己選択により自社の株主になってもらうためには,彼らの判…

バフェットの経営哲学① 株主の在り方

本稿では,株主の役割と経営者がどう企業を経営し,どう株主に接するべきか,バークシャー・ハサウェイのケースをベースにして考察している。 株主の在り方 バフェットは次のように述べている。「当社(バークシャー・ハサウェイ)は,上場企業の母集団にお…