k's point of view

経営を本業とし,その現場で毎日活動しています。このブログは,旧司法試験の問題を中心に,新たに実務的視点で考えてみるブログでしたが,最近は,ビジネス関連の雑考や法律・ビジネス関連の書籍紹介の記事が多くなっています。

民法

ダットサン民法改訂 改正民法対応

我妻民法ファンとしては嬉しい改訂(改正民法対応)。ダットサン改訂も希望。"我妻先生の骨格を維持しながら、改訂者が読者のニーズに合わせ、改正民法部分のみならず、その他の立法・法改正、新たな社会的動向、重要判例をも盛り込み、…"民法 第10版 - 勁草…

解説 #改正民法 #瑕疵担保責任

民法が改正されました。 本稿では,瑕疵担保責任の規定について考えてみたいと思います。 改正前の民法第570条は特定物の瑕疵担保責任を,無過失責任として規定したと解する考え方があった。これは特定物ドグマを前提として,特定物の品質不良に関して債務不…

改正民法で司法試験を考える⑤ 瑕疵担保責任

本連載は,改正民法をベースに司法試験の問題を再検証することによって,改正民法の理解を深めるためのものです。第5回。瑕疵担保責任など。 平成5年度旧司法試験第二次試験論文式試験問題 【民法・第2問】 A社は、B社に対し、実験用マウス30匹を売り渡…

改正民法で司法試験を考える④ 契約の個数,多数当事者の債務,共有

本連載は,改正民法をベースに司法試験の問題を再検証することによって,改正民法の理解を深めるためのものです。第4回。契約の個数,多数当事者の債務,共有。 平成3年度旧司法試験第二次試験論文式試験問題 【民法・第2問】 A、B及びCは、共同してD…

改正民法で司法試験を考える③ 贈与,盗品の即時取得,履行補助者の過失

本連載は,改正民法をベースに司法試験の問題を再検証することによって,改正民法の理解を深めるためのものです。第3回。贈与,盗品の即時取得,履行補助者の過失。 平成元年度旧司法試験第二次試験論文式試験問題 【民法・第1問】 Aは、Bに対し、自己の所…

改正民法で司法試験を考える② 差押え,解除,債権譲渡

本連載は,改正民法をベースに司法試験の問題を再検証することによって,改正民法の理解を深めるためのものです。第2回。差押え,解除,債権譲渡。 平成20年度旧司法試験第二次試験論文式試験問題 【民法】 Aは,工作機械(以下「本件機械」という。)を…

改正民法で司法試験を考える① 詐害行使取消権

本シリーズは,改正民法で司法試験の問題を解いてみて,改正民法についての考察を深めるためのものです。第1回。詐害行為取消権,解除。 旧司法試験昭和63年度第2問 AB間でA所有の不動産をBに3000万円で売却する旨の契約が成立し、内金2000万円の支払後、残代…

旧司法試験・民法「抵当権の実行を巡る冒険」(平成9年度・第1問)

【問題】 Aは,その所有する甲土地にBのために抵当権を設定して,その旨の登記をした後,Cに対し,甲土地を建物所有目的で期間を30年と定めて賃貸した。Cは,甲土地上に乙建物を建築し,乙建物にDのために抵当権を設定して,その旨の登記をした。その…

民法問題解析:受領遅滞による危険の移転

【問題】 Bは6月1日に骨董商Aが陳列していた300万円の「青磁の壺」を見て,買うことにし,Aにその旨を述べて,明日現金を持ってくるから取っておくように依頼した。その後,Aは外出したが,その際に店番を頼んだ店員Dにうっかり「青磁の壺」が売れたことを伝…

民法問題解析:債務不履行責任と瑕疵担保責任

セールスマンAは,自動車販売業者Bから中古自動車を,代金90万円の全額を払って購入した。ところが2か月目に調子が悪くなり,修理工場で見てもらったところ,エンジンに欠陥があり,このままでは50万円くらいの価値しかなく,修理には30万円ほどかかると言わ…

続・【旧司法試験平成7年度 民法 第1問】不法投棄に関する法律関係

本問はいろいろな捉え方があるという意味で,最高レベルに本当にいい問題です。昨日に引き続き,少し違ったアプローチでも書いてみました。 事案に入り込んでいけばおのずと文章ができていきます。パターン化した「論証例のストック」なんて必要ないですね。…

【旧司法試験平成7年度 民法 第1問】不法投棄に関する法律関係

飲食店経営者のAは、不要な業務用冷蔵庫を、知人Bに頼み破棄してもらうことにした。Aが、店の裏の空き地にその冷蔵庫を出しておいたところ、近所の住人Cも、不要になった冷蔵庫を破棄したいと思い、勝手にAの冷蔵庫のそばに自分の冷蔵庫を捨てた。Bは…

売買目的物の滅失 民法問題解析

【問題】 AとBは,当年収穫のジャガイモ1トンの売買契約(12月1日に引渡し,代金を支払う)を結んだ。ところが売主Aが期日に買主Bへジャガイモを運んだにもかかわらず,Bは品質が悪いといって受け取らなかった。Aが持って帰り,倉庫の自分の他のジャガイモと…

瑕疵担保と債務不履行 民法問題解析

【問題】 セールスマンAは,自動車販売業者Bから中古自動車を,代金90万円の全額を払って購入した。ところが2か月目のはじめに調子が悪くなり,修理工場で見てもらったところ,エンジンに欠陥があり,このままでは50万円くらいの価値しかなく,修理には30万…

二重譲渡・受領遅滞・危険負担 民法問題解析

【問題】 Bは6月1日に骨董商Aが陳列していた300万円の青磁の壺を見て,買うことにし,Aにその旨を述べて,明日現金を持ってくるから取っておくように依頼した。その後,Aは外出したが,その際に店番を頼んだ店員Dにうっかり青磁の壺が売れたことを伝えなかっ…

【民法】譲渡担保・取得時効・賃借権の物権的効力(旧司法試験 民法 平成4年度第1問)

久々に面白いと思える問題でした。企業法務の実務をやってきてもう一度振り返ると,リアリティをもって考えることができますね。良問です。 【問題】 Aは、Bに対して負う貸金債務を担保するため、自己所有の建物をBに譲渡して所有権移転登記をしたが、引…

【民法】債権譲渡・相殺(旧司法試験 民法 昭和60年度第2問)

【問題】 Aは、Bに対して貸金債権を有し、Bは、Aに対し売掛代金債権を有していたが、Bは、この売掛代金債権をCとDとに二重に譲渡し、いずれの譲渡についても確定日附のある証書によってAに通知し、この通知は同時にAに到達した。その後、Cは、Aに…