k's point of view

経営を本業とし,その現場で毎日活動しています。このブログは,旧司法試験の問題を中心に,新たに実務的視点で考えてみるブログでしたが,最近は,ビジネス関連の雑考や法律・ビジネス関連の書籍紹介の記事が多くなっています。

プライベート・エクイティ

バイアウト・ファンド論11 投資クライテリア論

投資規模による基準の特定 1件あたりの投資金額には,上限と下限についてのガイドラインを設けることが多い。 ガイドラインは投資対象の企業規模,ポートフォリオ分散,投資実行・管理上の効率の観点から決まってくる。 下限が少額になれば,中小企業やベン…

バイアウト・ファンド論⑩ オペレーション論

1 ファンドのモニタリングの基本 インテグレーションの段階では,例えば,100日100項目などと称して最初の100日において,当初の融合期間に短期間にやるべきことはどんどん実践するわけだが,それに加え,中長期目標をベースにした短期施策を策定し,いわば…

バイアウト・ファンド論⑨ イグジット論

投資対象企業への投資期間の終了後,ファンドは対象企業の株式売却を実行し,投資の回収,そしてファンドの投資家への元金回収資金・キャピタルゲインの分配を行う。 バイアウト・ファンドにとってイグジットとは,各投資取引における収益が確定することにな…

バイアウト・ファンド論⑧ 情報収集論

ターゲット企業に関する情報収集 投資基準に見合う投資対象企業の目星がついたら,次は投資の適格性について調査を行う。 当該企業には,初期段階でコンタクトをとるケースもあれば,綿密な調査を終えてからアプローチをすることもある。 ※ 外部情報の入手方…

バイアウト・ファンド論⑦ 活用論

近年,存在感を高めているバイアウト・ファンド。その活用局面について今回は整理説明したいと思います。 1. カーブアウト 戦略的な「選択と集中」という方針において,本業と定義されない子会社を切り離す大企業が増えている。例えば製造業の会社が,不動産…

バイアウト・ファンド論⑥ バイアウト類型論

今回は,バイアウトの類型を提示説明します。 LBO バイアウトファンドからの出資以外に,銀行借入などを用いてバイアウトを実施する取引 MBO・MBI 経営者による対象企業の買収(MBO),バイアウト・ファンドが組成した案件に,外部から経営者を招聘する場合…

バイアウト・ファンド論⑤ リスク論②

Column: リスク管理体制 ファンドの運営について,あるいは投資先の経営については,投資委員会,諮問委員会,又はアドバイザリー・ボードを通じてリスク管理が行われる。 しかし,このリスク管理体制が適切に機能しない場合には,投資家に損害賠償責任が及…

バイアウト・ファンド論④ リスク論①

ファンドは投資行為である以上,投資した対象企業がすべて順調な成長を遂げることは難しく,不測の事態により予定した収益を上げられないことがある。そういったリスクに加え,事業遂行上での社会的な責任を果たせなかったことによって信頼を失うといったリ…

バイアウト・ファンド論③ ソーシング論②

ファンドが投資対象となる案件を開拓するルート分類について考えてみたいと思います。 1. 個人的ネットワーク GPの個人的ネットワーク。例えば取引のあった企業の創業者や社長や財務担当者に対してコンタクトを取るケース。 ファンドが独立系であれば,役…

バイアウト・ファンド論② ソーシング論①

Column 情報の分布と信頼関係による情報取得 投資対象企業の情報がどこにあるか。バイアウトの投資対象企業は日本全国,アジア各国,世界中に存在するわけであるから,案件開拓と称し,ただ闇雲に情報を足で開拓しようとしても,労多くして益少なし,である…

バイアウト・ファンド論① 社会的役割論

バイアウトとは「良い会社を創る」という目標に向かって,産業と金融のノウハウを実践的に融合させる経済活動。 ①一定の収益基盤のある企業の株式の過半数に投資②経営を支援し関係当事者と共に企業価値を向上③企業価値向上後にその株式を売却(エグジット)④…