k's point of view

経営を本業とし,その現場で毎日活動しています。このブログは,旧司法試験の問題を中心に,新たに実務的視点で考えてみるブログでしたが,最近は,ビジネス関連の雑考や法律・ビジネス関連の書籍紹介の記事が多くなっています。

シェアリングエコノミー分野での起業@WeWork

今日36歳になりました。

 


35歳はこれまでになく多くの刺激的な出会いを経験することができ,また,スキル/経験の蓄積と構築,マインドセットが進み,ビジネスの世界でも漸く進むべき道が見えてきました。

 


そのような中WeWorkを拠点に独立し,①経営コンサルティングを主軸に,②弁護士,③ベンチャー支援,④エンジェル投資の4軸で活動をしています。昨年末,これまでの経験を注ぎ込んで,経営企画と法務のアウトソーシングサービス・「ShareLegal(シェアリーガル)」という商標で統合し,パッケージ化を試みました。

HP 

www.share-legal.com

FB https://www.facebook.com/sharelegal/

Slide https://docs.google.com/presentation/d/1a9eIwj2xKdptyrmPKbHtWm_OZ30t3RUfk5mOPfjSx38/edit?usp=sharing

 


当サービスの特徴としては,Techを積極的に取り入れアウトソースを通じてデジタル化/合理化の実現もできるように設計しています。また,デジタル化の進展により所有から利用へパラダイムの転換が起こりつつある現在状況に鑑み,当サービスも単に表面的なデジタル化をなぞるのではなく,根本的な思想の部分で,β版から積極的に宣言共有し,顧客と一緒に改良し価値共創を続けるサブスクリプション/SaaSモデルを志向していきたいと考えております。

 


当サービスのターゲットとしては,売上100億以下で法務部門のない未上場会社を想定しています。また,カスタムプランのバックヤードの部分は,顧客のスペシフィックな要望に応じて,社外パートナーと連携して積極的にカスタムをしようと考えています。

 


「所有から利用へ」のシェアリングエコノミーは,主に消費の面からの説明ですが,供給の面から捉えるのは小規模事業者からするとなかなか難しいですが,いち提供者の側として,プラットフォーマ―としてネットワーク効果が生じる構造の維持を意識しながら,限界費用逓減/サイロエフェクト回避/水平分業/アウトソーシングの形を,ステークホルダーの皆さんと一緒に自分なりに探究していきたいと思います。知の共有といってはおこがましいですが,社会に貢献できるよう発信や実践も重視していきたい,薄い絵の具で塗り重ねるようにこの中小企業支援界隈を,守備範囲を少しずつ拡げながら深めていきたいとと考えています。

 


これまで「サラリーマンなのに個人事業主のよう」と形容されることが多かったのですが,これからは完全に一人のプロとして,自己のスキルとステークホルダーの掛け算でマトリクスでメニューを考え,その中で顧客と協議しながら提供するサービスを個別に検討するようなスタイルをとっていきたいと思います。ステークホルダーとの信頼関係構築の重要性は言わずもがなです。

 


ネットも書籍も漫然と眺めていると既視感のある情報に触れることが多くなっています。個人的には,単なる物質相互間の反応作用の連鎖に目的/意義/因果を見出し問いを生み出す主体である人対人の次元で,現実の問いに正面から腰だめで取り組んでみて(脱構築やアナロジーをキーに),現在進行中のビジネスタスク,クライアントニーズ,プロジェクト,ビジネスアイデア,旅行や趣味や家族でやりたいことに取り組んでいき,決定論の中で遊んだ気になってみたいと思います。

 


スキル×ステークホルダー_2019

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1dWPZBAaZ4RCReSzIsaqFZ0rbGJrOcEsLZl-KLCceWPM/edit?usp=sharing

2018.12 法務支援パッケージ ShareLegal創業

あけましておめでとうございます。

 

2018.12 法務支援パッケージ ShareLegal創業

www.share-legal.com

https://m.facebook.com/sharelegal/

今夏から仕込んでいたリーガルサービス,WeWorkを始め数々のご協力を得て,ようやくローンチすることができました。

f:id:q07025a:20190101021218p:image


Concept:

ShareLegalはこんなコンセプトから生まれました。

法務関係の雑務を極限まで少なくしクリエイティブな仕事に集中したい,と思ったことはありませんか?

でも,どうやって実現すればいいかわからない。

「今まで通りネットで検索して解決しよう。」「会ったことのある弁護士にとりあえず顧問になってもらおう。」

忙しすぎて,なあなあで事が進んでしまう。真にビジネスに役立つ法務サービスの享受まで、あと一歩だというのに……。

それではもったいない! と僕は思います。

思い起こせば、自分自身の企業経営や企業法務も失敗の繰り返しでした。千載一遇の機会を手にしたものの,うまくいかないことばかり。長い年月をかけてそれらをひとつずつ乗り越え,ようやく経営と法務と会計の融合したビジネスマネジメントを体現することができました。

「失敗も経験」と言いますが,低次元な失敗は時間の無駄にしかなりません。みなさんが企業経営で余計な回り道をしないように,このサービスを始めることにしました。「ShareLegal」が,私が苦悩した10年を簡単に飛び越えられる,使い勝手のいいサービスとなることを祈っています。

 

 

文明/アイデンティティ/変化/世代

部族の文明と我々の近代文明の比較についてふと考えが。

 

部族は隔離され,変化しないことがアイデンティティで,極端な場合服を着ることすらアイデンティティの崩壊につながりますが,我々には生活様式の変化とアイデンティティの崩壊のつながりがありません。

 

信仰と生活様式が結びついているイスラムなどもありますが。

 

変化を恐れず進化し続けて環境に適応し続けるのがダーウィン以来の強力なアイデンティティの根源なんでしょうね。

 

そこにさらに世代間のバトンタッチがあるんだと思います。恐竜は滅びてネズミは生き延びたところですね。

TOEFL essay sample: Different types of music

今また英語の勉強を再開しています。誰も読まないと思いますが,TOEFL Writing sectionの回答例をメモしておきます。

 

 

Different types of music

 

   It is said that there are more than 2,000 types of music all over the world. The diversity of music reflects that of each individual. It is important to know about music to understand each other. I cannot help referring that Stevie Wonder and Michael Jackson have helped resolving the problem of racial discrimination. So I want to write about music in this essay. There are three types of music: rock, jazz, and punk.

   The first category is rock music. It comes from blues. In the early 1960’s, one of the greatest groups, the Beatles appeared and gave us many exciting songs. Rock musicians use vocals and instruments including guitars, bass guitars, and drums. The feature of rock music is that it tells us some messages like criticism against governments. Rock music is a symbol of counterculture. And, it is simple and easy to sing. So people sometimes sing the songs in karaoke in Japan. Rock music has been of the mainstream because of its great songs, messages, and simple melodies.

   The second category is jazz music. It also comes from blues. There are many famous and outstanding musicians such as Miles Davis, Louis Armstrong, and Charlie Parker. Jazz musicians also use guitars, bass guitars, and drums, but the spec of these instruments for jazz are specified for it. Pianos are also one of the important instruments in jazz. Frankly speaking, most jazz tunes have no particular messages. But they impress people with great techniques and inspiring improvisations. Jazz is also popular but not as much as rock. Jazz may be too difficult for everyone to understand its quality. Jazz music is popular with its impressive performance but it is not popular for everyone because of its difficulty.

   The third category is punk music. It comes from rock music. There are also many famous musicians. Sex Pistols is most well known. Punk music is generated from an impulse of destruction. Personally, I like this kind of music best because it blows my mind. The lyrics are against a government, an authority, or ordinary people. They suspect and deny common sense, so some of them are completely untouched by commercialism. Punk is very simple music. Normally, punk musicians use guitars, bass guitars, and drums as thosse of rock do, but they do not care about performance technique so much. They destroy everything even the music. Punk music is loved by some people with their intentional or unintentional disorder.

   In conclusion, music can be divided into three types. Though I classified it into rock, jazz and punk, as I mentioned earlier, music has great diversity. I strongly believe that music has been helping us understand each other.